> > キャッシングとブラックについての記事特集

ブラックリストに載るケース!キャッシング審査で注意したいポイント

ブラックリストと言われている、金融機関で取り扱っているリストは、今では金融機関全体で共有しているケースが多いです。

そのため、ブラックリストに載ってしまうケースを知っていると、ブラックにならずに、安全なキャッシング審査を行うことができます。

今回は、そんな安全なキャッシング審査の申し込み方法を案内しているので、安全な申し込みを行いたいという方は、良ければ参考にしてください。
(こちらもご参考に→ブラックでも借りられるカードローンは?

ブラックってなに?なぜブラックという扱いが存在する?

ブラックという扱いが存在する理由ですが、それはブラックリストというものが存在するからです。

ブラックリストは各金融機関で作成を行い、ブラックに該当する人物を登録しているリストのことです。今では、多くの金融機関でブラックリストを共有化している状況です。

つまり、A銀行が「この人はブラック」という扱いを行うと、他の金融機関でも、「この人はブラックであると評価されている」ことを知ることができます。

そのため、キャッシング審査ではブラックという扱い、一般の申込者という扱いが存在するのです。

また、ブラックOKのキャッシング審査は存在しないので、このような情報は信用しないほうが賢明です。

ブラックになるケース!お金のトラブルでブラックになりやすい

ブラックになってしまうケースですが、基本的にお金がらみのケースが多いと思っておきましょう。

そのため、借り入れ、返済に問題のない人物はブラックの扱いを受けずに済みます。

具体的には、以下のような借り入れ状況にある人が、キャッシング審査でブラックの扱いを受けてしまいます。

  • 1ヶ月間以上で返済の遅延をしている
  • 返済が安定せず、連絡も安定しない

嘘をついても意味が無い!信用情報機関を通じて100%バレる

銀行、消費者金融では事故情報を個人情報として取り扱っています。

信用情報機関でこれらの個人情報をまとめているのですが、個人情報は以下のような金融機関であれば、どのような金融機関であっても確認可能な情報となっています。

  • 営業の認可を得ている金融機関
  • 金融機関として信用情報機関に加盟している

また、現在では多くの銀行、消費者金融が信用情報機関に加盟しているので、嘘をついてキャッシング審査に通ろうとしても、100%キャッシング審査に落ちてしまいます。

ブラックでは、金融機関でお金を借りることができず、且つその情報は金融機関で共有していることが多いです。

さらに、これらの情報は個人情報としても扱われているため、信用情報機関で管理されている情報となっています。また、このような情報は信用情報機関に加盟している金融機関であれば、チェックできるようになっています。

ブラックは審査に通らない!ブラックが審査に落ちてしまう理由

ブラックは100%キャッシング審査に通りません。

その理由ですが、ブラックは信用がまったくないからです。信用というのは、お金の借り入れ、返済に応じて少しずつ上がっていく仕組みとなっています。

そのため、以下のような人物もキャッシング審査に通ることが少ないです。

  • 借り入れ、返済の履歴が存在しない
  • 収入が存在しない

信用というのは、意図的に積み上げていく必要性があるので、借り入れがまったく必要ではなく、且つ利用する予定もない人物では、キャッシング審査に通らないことが多いのです。

それと、収入証明書(給与明細書など)を提出できない人物も、キャッシング審査に通りません。ただし、大手の銀行、消費者金融では収入証明書不要のキャッシング審査を行っていることもあります。

ブラックの解除ってなに?どうすれば解除されるのか?

ブラックに関する情報の中には、ブラックの解除を行う方法も存在します。

ブラックの解除とは、ブラックリストからブラックの情報が消えるという意味です。

具体的には、以下のような対応でブラックリストからブラックの情報が消えるようになっています。

  • 債務整理後から5年ほど経過する
  • 自己破産後から10年ほど経過する

基本的に、ブラックになってからすぐにブラックを解除することはできません。そのため、1年以上10年以内の範囲で解除されるのを待つしかないのです。

また、解除された後もブラックは銀行、消費者金融では審査に落ちやすく、50万円以上の融資ではまったく審査に通らないなど、審査上の評価が元通りにならないケースも存在します。

お金をまったく借りる予定がない、借り入れの履歴がまったく存在しない人も、ブラック同様の扱いを受けることがあります。

また、ブラックは一定年数が経過した後に、ブラックの扱いが解除されることもあるので、いつまでも解除されないというわけではありません。

金融機関は甘くない!ブラックに対して甘い金融機関は存在しない

インターネットを用いていると、ブラックでも借りられるキャッシング審査を行っている業者・・・、という情報が見つかることもあります。

ですが、このような業者は存在しないと思ったほうが賢明でしょう。

というのも、金融機関ではすでに案内したとおり、情報の共有化を進めているからです。つまり、ごく一部の業者であればブラックであっても審査そのものは可能という意味です。

審査を受けても審査に通らず、かえって評価を悪化させてしまうことが多いので、簡単な方法で通る手段は存在しないと思ったほうが賢明です。

ブラックの豆知識!ブラックでもお金を借りられるケース

ブラックでも、変則的にお金を借りられるということはあります。

その方法ですが、ブラックになる前からお金を借りておくというものです。

ブラックになる際、借金の整理として債務整理を行うのですが、債務整理で整理する借金は任意となっています。

つまり、一部の借金をあえて残しておき、将来のために使うという対応は可能です。ただし、ブラックである事実がすぐにバレてしまうので、契約の更新が行えない、借入限度額が引き下げになる・・・など、無理に借り続けてもメリットがありません。

ブラックになっても得をするお金の借り入れは存在しないので、ブラックになる前に業者と相談し、無駄な借金は素早く返すようにしましょう。そして、ブラックになってしまわないように、安定した返済を繰り返したほうが健全な借り入れを継続できます。

金融機関は、ブラックに関する情報の共有化にも取り組んでいます。

そのため、ブラックになった後でも借り入れ可能な業者は存在しません。ほとんどのブラックOKの業者は、審査のみ可能となっているだけで、実際は審査に通るチャンスがまったく無いのです。

信じてはいけない情報!ブラックに対して甘い業者とその実態

ブラックに対して、異様なほど甘い審査を行っている業者も存在します。

ですが、このような業者を信用してしまうと痛い目にあってしまうので注意してください。

具体的には、以下のようなトラブルに巻き込まれることが多いです。

  • 多く借りてしまう
  • 法外な利息が発生する

年収や勤続年数に対して厳しい審査を行っておらず、ブラックでも融資OK・・・となっている業者はすべて危険な業者です。このような業者を見つけた際は、相談なども行わないで利用を控えたほうが無難でしょう。
(⇒勤続年数?年収?審査が甘いカードローンとは

現代のキャッシング審査!こんなことでもブラックになってしまう

ブラックというのは、借金に関するトラブルでなってしまうことが多いです。

そのため、以下のようなトラブルを起こしている人も、ブラックになってしまう可能性は存在します。

  • 返済で遅延が目立つ
  • 借り入れが急に多くなった

返済の遅延というのは、1ヶ月以内であれば大きな問題になりません。ですが、1ヶ月以上経過しても遅延の問題が解決しない・・・場合は、ブラックになってしまう可能性が出てきます。

それと、借り入れが急に多くなった人では、将来的に健全な付き合いをできるのか不透明なため、このようなケースでもブラックになってしまうことがあるのです。

【参考ページはこちら】
ブラックの専業主婦でもカードローンは使える?

ブラックというのは、今では多くの金融機関でその情報を共有するようになりました。

信用情報機関を通じて情報のチェックが行われているため、ブラックではないという情報を用いても、銀行、消費者金融のキャッシング審査で落ちてしまいます。

また、返済が不安定であったり、返済件数が多いような人物もブラック同様の扱いを受けるため、なるべく安定した借り入れ、返済を心がけたほうが、気持ちのよい借り入れ、返済となるでしょう。

私たちがお金を借りたいときに、どの貸金業者を選ぶかという場面までは、利用者側が主導権を持っています。貸金業者側は、申し込んでくる相手にお金を貸すか貸さないかを選ぶことは出来ても、「この人にお金を貸そう」とアプローチを掛けることは出来ません。 私たちが借り入れの利用先を決めると融資の主導権は貸金業者側に移ります。今度は私たちに決定権がなく、相手が融資を認められなければ、絶対に借り入れをすることは出来ません。 貸金業者が融資を嫌がる相手で最も有名な...

ブラックリストに載る、それは“何となくヤバイことだな”という認識はあるかもしれませんが、実際何にどの程度影響が出るのかは分かっていないのでは? 実は、ブラックになると新規キャッシング審査に通るのはかなり難しくなってしまうのです。ブラックリストでキャッシングするのはどうして難しいのか、可能性は無いのか、ブラックリストとキャッシングの関係について詳しくご紹介していきましょう。 キャッシングは不可!?ブラックリストに載るという意味とは まずは、ブラックリ...

給料日前の生活費の不足に気軽にキャッシング、急な飲み会にキャッシング等、キャッシングを上手に使うと切羽詰って生活せずに済み、快適な日常を送ることができます。 けれど、キャッシングの使い方を間違えてしまうと、ブラックになってしまって返済が大変になってしまいますよね。そこで、ここではブラックにならないために気をつけておきたい事を紹介します。 まずはブラックとは、どんなことを言うのか、何故ブラックだとバレてしまうのか、ブラックにならないためにはどうしたら良い...

ブラックの方は、基本的にカードローン審査に通りません。なぜなら、カードローンに一番大切な「信用」が無いからですね。過去に一度でも債務整理や遅延の経験があれば、ブラックに該当し、新たなカードローン審査には通りません。 ここでは、柔軟対応のエニーについて見ていきますが、エニーはなぜ柔軟対応と言われるのか、ブラックと何か関係があるのか紹介していきます。まずはブラックについて説明し、エニーの秘密を見ていきますよ。 意外に知らない!ブラックの詳細 カードローン...

キャッシングで言うところのブラックとは、これまでにお金を借りたことがある人が返済をするうえで何度も滞納した、返済のめどが立たず自己破産したなどの問題を起こした経験を持つことを言います。 実は、『ブラックでも必ずキャッシングできる!』とか『ブラックでも契約しやすい』などと謳って融資を行う業者もあるので、ブラックでも借り入れはできるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、その答えはNOです。 では、なぜそのような言葉が出回っているのでしょうか。これには、...

ブラックというのは過去に金融事故を起こしたことのある人のことです。金融事故の履歴は個人信用情報に残り、それは長い年月消えません。その履歴がある間は、キャッシング審査には通らないと思って下さい。 もちろん履歴が消えれば、カードローンキャッシングの申込みも出来ますよ。こちらではブラック履歴のある人がキャッシング出来ない訳や陥りやすいヤミ金融の手口についてお話ししています。 ブラック履歴が消滅するまでにしなくてはいけないことも含め、信用実績を積むことの大切さ...

必要な時にすぐ現金の借り入れができるキャッシングはとても頼りになるサービスですよね。そのキャッシングの利便性をより高めているのが基本的に担保・保証人不要という点です。 しかしこの便利なキャッシングを誰もが容易に利用できると言うわけではありません。キャッシングでは必ず事前に審査があり、それに通らなければ一円たりともお金を借りることはできないのです。 そして、キャッシングの審査でほぼ確実に落とされてしまうのが、いわゆるブラックに当てはまる人です。な...

クレジットカードでショッピングやキャッシングをする、消費者金融でキャッシングをするといったとき、どうやって支払い・返済をしますか?最近では、毎月の返済額が一定のリボ払いを選ぶ人が多いのではないでしょうか。 キャッシングした金額に関わらず、返済金額が一定で良いというのは分かりやすく、毎月の支出がイメージしやすいというメリットはあります。 しかし、キャッシングした金額や返済期間によっては、リボ払いが原因でブラックリストになってしまうというケースも起...

借入を検討した際、結婚していると配偶者の与信も影響するのかどうか気になることはありませんか? 特に、配偶者がブラックだっとしたら、自分の借入審査に影響するのか、自分が借り入れを利用することはできるのか、知りたいと思う人もいるはずです。 結論から言えば、夫婦のどちらかがブラックでも、ブラックではない方の与信に問題なければ借り入れは可能です。 借入審査でブラックが通らない理由、借入審査でチェックされるポイント、そして借入審査における夫婦の関係...

ブラックだけどお金が必要なのでキャッシングしたい、そう考えることがありますよね。ブラックというのは過去に金融事故を起こしたことのある人です。はっきりいうと金融事故の履歴が消えるまではお金を借りることは難しいと考えて下さい。 カードローンへの申込みは金融事故の履歴が消えてから考えるようにすべきです。こちらではブラック履歴のある人がキャッシングできない理由、ブラックが今すべきこと、そしてブラックに対して融資を行うヤミ金融についてお話ししています。 ...

1 / 212
新着記事
TOPICS