> 職業別の記事一覧

キャッシング審査と職業!審査に通るために必要な条件

キャッシング審査というと、職業によっては100%借りられないと思っている人が多くいます。

ですが、借りられない人より借りられる人のほうが多いため、このような考え方は現代では通用しない考え方です。というのも、専業主婦のような職業でもお金を借りられるからです。

今回は職業を前提に、キャッシング審査の詳細を案内しておりますので、少しでも有利なキャッシング審査を受けたい方は、良ければ記事を参考にしてください。
(こちらもご参考に→様々な職業でも利用できるキャッシング

職業別の審査方法!このような審査がキャッシング審査では行われる

キャッシング審査は職業と密接に関わっています。

例えば、以下のような職業ではキャッシング審査を受けることも叶いません。なので、先に以下のことを知っているだけでも、安心してキャッシング審査を受けられるようになるのです。
  • 金融会社で働いている人
  • 素性が不透明な会社で働いている人

金融会社で働いている人を審査できない理由ですが、「同じ職業」に該当するためです。同じ金融業を営んでいる相手に対して、専門的な貸付は存在する・・・のですが、専門的な貸付以外では審査に通らない、審査拒否されることが多いという状況です。

また、素性が不透明な会社で働いている人も審査できません。人によっては、反社会的勢力に関わっている危険性もありますし、なにより年収などが不安定、もしくは収入が存在しない・・・ケースも存在するからです。

このような複雑な職業に対する審査は存在しますが、ほとんどの人は該当しないため、多くの人がお金を借りられない・・・というケースは少ないのです。

キャッシング審査の基準!審査基準は審査前に確認することができる

審査基準ですが、先に確認しておくことも難しくありません。

というのも、業者側で審査基準の情報を公開しているからです。

公式サイトに掲載されていますが、主だった内容については以下のとおりです。

  • 安定継続した収入を得ている人
  • 連絡が付く人
  • 年齢が満20歳以上、満65歳以内の人
  • 当社の審査基準を満たす人

安定継続した収入というのは、「少なくても安定している」人であれば問題ありません。月収が毎月1万円以上、5万円以内という人でも、銀行、消費者金融でお金を借りることができるのです。

ただし、固定電話、携帯電話を有しておらず、電話連絡が難しい人は該当となりません。

そして、年齢についても未成年ではなく、且つ高齢者としてお金の貸付が難しい・・・と感じる人でなければ、ほとんどの条件を満たすという審査結果になるのです。

当社の審査基準についてですが、他にも職業、勤続年数・・・といった「属性」と呼ばれるもののチェックです。これらについても満たされているようであれば、好条件で融資ができます・・・という意味なので、あまり深く考える必要はありません。

消費者金融の審査基準!年収に問題なければ専業主婦も審査可能

消費者金融の審査基準ですが、銀行となにが違うのか?というと、職業の部分に大きな違いがあります。

  • 専業主婦も審査可能
  • 派遣社員も審査可能
  • 自営業も審査可能

年収に関しては、銀行のように厳しい審査基準が存在しません。なので、専業主婦として年収50万円以内・・・という人でも、消費者金融であればキャッシング審査に通るのです。

銀行は、上記のような人に対して審査を行っている・・・と案内していますが、大手銀行以外では審査に落ちるリスクが高いでしょう。

キャッシング審査と職業には密接な関係があるのですが、基本的に審査基準を重視して、キャッシング審査に通りやすいか確認しましょう。

条件を満たせる人であれば、銀行、消費者金融で融資を受けることができるようになっています。

現代のキャッシング審査!実はほとんどの審査が自動判断されている?

キャッシング審査の実態を簡単にまとめてしまうと、ほとんどの審査は自動判断という形式で進んでいきます。

自動判断とは、自動でシステムが融資可能な相手か判断するというものです。つまり、昔のようにすべて人の手でキャッシング審査をしていません。

自動判断のみでは冷めた対応が目立つのでは?と思ってしまいますが、すべて自動判断のみで審査を終えるというわけではありません。

例えば、借り入れ実績があるかどうか、もしくは年収が良いので借金状況に関係なく貸しても良いか・・・については、人の手で判断されているのです。

なので、人によっては借金が目立つような人でも、銀行などで新しいローン契約を組めます。

人の手による審査!本審査ではどんな審査が行われている?

人の手によるキャッシング審査のことを、一般的に「本審査」と呼びます。

本審査とは、仮審査を終えた後の審査のことを言うのです。

仮審査とは

審査を進めても良いか、大まかに検討する審査のことを仮審査と言います。

仮審査は、年収、勤続年数、借金状況・・・といったシンプルな情報のみで審査が進むのです。

本審査は、実際に金融業を営んでいる人々が、専門的な知識を元にして審査を進めるということだと理解しましょう。そのため、当初は50万円の借入希望額で審査申し込みしたケースでも、結果的に100万円以上借りられることがあるのです。

これは機械では対処が難しい部分でもあるため、今でも自動判断、本審査が存在します。

キャッシング審査は、職業だけでなく収入、借金状況なども整理して行われています。

また、小さな融資であれば自動判断のみで素早く完了するため、消費者金融などでお金を借りる際は、無駄なく素早く融資を受けることが可能なのです。

審査で通りたい!職業を活かしたキャッシング審査の突破方法

キャッシング審査で通りたい人のために、今回は職業を活かしたキャッシング審査の突破方法を案内させていただきます。

キャッシング審査というのは、基本的に良い評価、普通の評価に分かれる要素が存在します。

これをスコアリング審査というのですが、スコアリング審査上では、職業が以下のような分類になっておりますので、良ければ以下についても理解した上で、キャッシング審査の申し込みを行うようにしましょう。

  • 職業は安定度が評価される
  • 職業は知名度が評価される
  • 職業は勤務時間も評価される

安定度というのは、「公務員、大手企業」に勤務する形で職業を得ているかどうかという意味です。安定していると判断されると、融資額だけでなく金利が優遇されるケースも存在します。

知名度は、知られている企業などで勤務しているかどうかという意味です。先ほどの大手企業だけでなく、上場企業といった企業も評価されるため、安定度が評価されなかったケースでも、知名度が評されるとキャッシング審査で優遇されやすくなります。

ただし、勤務時間も職業の1つとして評価されることを忘れてはなりません。勤務時間が長く、失業率も高いようでは良い評価を得ることができないのです。

審査で落ちてしまう!もしかすると職業以外が関係しているのかも!?

何度、キャッシング審査の申し込みを行っても、キャッシング審査で落ちてしまう・・・という場合、もしかすると職業以外が関係して落ちているのかも知れません。

具体的な要因に、お金の借り過ぎという要因が存在します。

人によっては、しっかりとローン返済をしている・・・と思うかも知れませんが、以下のローン返済をしっかりと行っていない人もいるので、このような問題を起こしていないかチェックすることも大事です。

  • クレジットカードの返済
  • 携帯電話のサービス料金の返済
  • 光熱費の返済

借金はすべて金融機関のほうで確認を行っているので、小さな借金が目立つケースでもキャッシング審査に落ちます。

クレジットカードはショッピングローン、携帯電話のサービス料金は「お財布携帯」、光熱費の返済はクレジットカードによる立替・・・というふうに、忘れてしまっているせいで返済していないもの・・・というのは、探してみると多く見つかることがあります。

職業だけでなく、キャッシング審査では安定度、知名度も要求されることがあります。

借金状況が悪すぎる場合も、キャッシング審査で落ちてしまうため、小さな借金であっても侮らないほうが賢明でしょう。ただし、小さな融資であれば、些細なミスを見逃してもらえることが多いです。

知っておきたい個人信用情報!個人信用情報は業者以外も確認できる

キャッシング審査において重要な情報に、個人信用情報というものがあります。

個人信用情報とは、金融機関のほうで記録、管理されている情報のことです。

この情報をさらにまとめているのが、個人信用情報機関です。

個人信用情報機関とは

金融機関で管理されている情報を統括している機関のことを、個人信用情報機関と言います。

加盟している金融機関は、他の金融機関でまとめている個人信用情報を見ることができるため、キャッシング審査において、嘘の情報で審査に通るケースがまったく無いのです。

また、個人信用情報は有料となっておりますが、個人が照会を求めることもできるようになっているので、自分の個人信用情報が気になる・・・という場合は、CICといった有名な機関で照会を求めてみると良いでしょう。

照会には1週間前後の日数がかかりますが、現在の借金状況、金融機関の評価もわかるようになっているため、大きな融資を受けたいが自信がない・・・という人にオススメの情報です。

それと、クレジットカードの登録、もしくは支払い方法の登録が必要となっているので、料金の支払いだけでは照会できないケースも存在します。このことを理解した上で、照会を行うかの検討を進めてください。

なぜ誰でも借りられる!?現代のキャッシング審査の謎を徹底解明

現代のキャッシング審査は、受けられない人のほうが少ない・・・というほど、昔よりも柔軟なキャッシング審査が目立ちます。

なぜ誰でも借りられるのか?というと、それは保証会社がキャッシング審査の対応を担当しているからです。

保証会社とは

カードローン、キャッシングの審査、契約を担当する会社のことを、保証会社と言います。

保証会社は消費者金融など、カードローン、キャッシング販売のノウハウが多い会社が目立つため、昔に比べて柔軟な審査を行えるという利点があります。

保証会社は銀行と提携していることが多いため、今では銀行がキャッシングの販売・運営を行い、消費者金融が審査、契約者の管理を行うケースが珍しく無くなっているのです。

また、保証会社の存在もあり、以下のような職業の人も審査対象者になった・・・という実績も存在します。

  • 専業主婦
  • 高齢者
  • 派遣社員
  • 自営業者

昔はこれらの人がまともにお金を借りられなかったため、どうしても「危険性のある業者」を利用しないといけなかった・・・、というケースまであります。
(⇒キャッシングの危険性をチェック!

利用してしまうと多額の借金を背負うケースだけでなく、周りの人にも悪影響を及ぼすケースが目立ったため、今では、そのような危険性のある業者を利用する人が減っています。

そのような状況を作り出した会社こそ保証会社なので、今では職業を有している人であれば、安心してカードローン、キャッシングを利用できる時代になったのです。

【参考ページはこちら】
生活保護受給者は借入できるの?

キャッシング審査は、職業を前提にして行われています。

ですが、保証会社の存在もあり、今では専業主婦のような低収入の人でも、キャッシング審査に通ることが増えてきました。なので、昔のように年収をベースとした審査は減っている・・・、と思っても問題無いでしょう。

ただし、多数のローン契約が目立つなど、借金状況に問題がある人では、金融機関が行っている個人信用情報の照会で、ローン審査に通らないというケースも存在します。確実なキャッシング審査が増えているため、年収を水増ししても審査に通ることは無いでしょう。

無職の人は、貸金業者から借り入れをすることが非常に困難です。消費者金融でも銀行でも、職業欄に無職と記入しただけで借り入れが利用できない旨が通知されるほどです。 そこで、無職であっても借り入れができるようにと考え出されたのが「名ばかり派遣社員」です。簡単に言えば、派遣会社に登録だけして、実際には働かずにいる状態のことです。これにより、無職であってもあたかも派遣社員のように見せ掛けられるのではないかと考え出されたのです。 今回は、この派遣社員の登録...

一昔前は最初に就職した会社で生涯働き続けるのが一般的でしたが、最近ではステップアップのために転職することも多く、また雇用形態もいろいろあります。 不景気の影響もあってか、正社員以外の働き方をする人も増えています。契約社員や委託社員、派遣社員など柔軟な働き方ができるというメリットもありますが、給与が低いことが難点です。 お金が足りない、急な出費に対応できないという時にはキャッシングを利用したいものですが、正社員以外でもお金を借りることはできるのでしょうか...

キャッシングというと利用者の大半は男性かなというイメージがありますが、実は女性の利用者も多いのです。 さらに最近では主婦の利用者が急増中です。主婦にはあまりお金は必要ないのでは?と思われがちですが、むしろ主婦こそ家族のためにいろいろ出費が多いのです。 主婦の中にはカードローンを利用してお金を借りたいと思っている人が多いのですが、主婦では借入できないのではないかと躊躇しています。 主婦の中でもとくに収入のない専業主婦ではなおさら借入は無理だと諦めてはい...

キャッシングを利用するときに気になるのが、審査をクリアして本当に借入できるのかどうかということです。 自分には借入資格がないのではないか、審査に通らないのではないかと常に不安を抱えている人もいます。 例えば、信用情報に問題がありブラックとなってしまった場合専業主婦でも借入できるものなのでしょうか。 ブラックかつ専業主婦である場合絶対無理!と諦めている人の方が多いでしょう。本当にブラックの専業主婦は借入できないのか、借入する方法はないのか検証してみたい...

オリコのクレジットカードは広く知られていますが、オリコにはカードローンもあることをご存知ですか。オリコカードローン「CREST(クレスト)」です。安定した収入がある人なら申込み可能です。お得な特典もありますよ。 アルバイトやパート社員、安定収入があれば派遣社員も申込みできます。こちらではオリコカードのカードローンについて詳しくお話ししています。カードローンをオリコで検討されているのなら、ぜひ参考にして下さいね。 オリコのカードローン「CREST」の特長...

一昔前ですとキャッシングの利用者といえばサラリーマンが主流でした。しかし、最近ではカードローンは老若男女問わず浸透し、女性の中でも主婦の利用者が増えています。 主婦は家事や育児で忙しいのでお金なんて不要なんじゃないの?と思われがちですが、主婦こそ食費、交際費、教育費などいくらお金があっても足りません。 しかし、主婦の場合、働いていたとしてもパートやアルバイトという雇用形態が多く、収入が多くありません。そんな自分でもカードローンを利用できるのか、そんな不...

不景気の影響で就職活動が思い通りにいかないと悩んでいる人は少なくありません。もちろん希望の会社に就職できればベストですが、そうでない人も多くいます。 苦労して就職活動を行い、どうにか内定を手に入れても内定が取り消しになるケースもあります。内定が取り消された原因がカードローンを利用したせいではないかと噂されているようですが、そんなことはありませんので安心してください。 カードローンと内定取り消しにまつわる様々な噂が巷で出回っているようですが、どれも信憑性...

人間は誰でも突然病気になります。運動をしたり、食生活に気をつけたり、どんなに注意していても突然の病気は避けられません。 もしも急にめまいや頭痛、腹痛などで倒れた場合、救急車を呼べば病院に連れていってもらえますし、すぐに処置してくれます。たとえ、患者にお金がなくてその場で支払いができなくても命にかかわる病気の場合は、支払いはさておきとりあえず手当や手術はしてもらえるのです。 しかし、厄介なのが虫歯です。虫歯は長年放置すると死に至ると聞いたことがあ...

カードローンと言えば申込の大前提は安定した収入があることです。残念ながら基本的に無職の人はカードローンの申込ができません。 しかし、この不景気では倒産やリストラなどで職を失ってしまうことも珍しくありません。そんなときこそお金が必要なのに仕事がなければ借入できないなんて困ります。 でももし就職先が決まり、内定をもらっているという状況であれば借入はできるのでしょうか?内定後、借入ができれば就職してお給料をもらえるまでどうにかしのげるので助かりますよね。 (...

欲しいものがたくさんある時や友達との付き合い、その他いろいろな場所で、お金が急に必要になる時ってありますよね。 特に年齢が若いと物欲も凄く、普通に生活しているだけでもどんどん欲しい物が出てきます。 しかし、お金には限界があります。しかも働いているのならばお金に余裕もありますが、大学生となるとお金に余裕がありません。 そんな時に便利なのが金融会社のキャッシングサービスなのですが、大学生でも利用することは可能なのでしょうか。 又、そんな...

1 / 612345...最後 »
新着記事
TOPICS