> キャッシングの審査基準まとめ

キャッシングの審査基準を知っていると審査で通りやすくなる?

キャッシングの審査基準というのは、実際に確認してみるとわかりますが、それほど複雑なものではありません。

今回は、審査基準を細かく分別し、1つずつどのような項目なのか案内させていただきます。

記事を良く読んでいただけると、審査落ちのリスクを下げた状態でローン審査を受けられるようになりますので、これからキャッシング審査を申し込む予定の人にとっては、役立つ情報が多く見つかるでしょう。

審査基準の基本!気になる安定継続した収入の意味を詳細まで解説

キャッシングの審査基準ですが、基本的に安定継続した収入を得ている人であれば、キャッシング審査で落ちる可能性は低いです。

というのも、安定継続した収入を前提にして、キャッシング審査が行われているからです。また、安定継続した収入というのは、以下のような収入のことを言います。
  • 不安定ではない収入
  • 不明瞭ではない収入

キャッシングの審査基準で良く見かける安定継続した収入・・・ですが、「大きな収入のことを安定継続した収入」と言っているわけではありません。

そのため、毎月10万円以内の不安定ではない収入であっても、キャッシング審査を受けられるようになっています。それと、不明瞭ではない収入でなければ、キャッシング審査に通らないので注意してください。

不明瞭な収入とは、以下のような毎月の収入がどの程度になるか不明瞭なものが該当します。

  • 賭博行為などで得られる収入
  • 不定期に得られる収入(宝くじなど)

カードローンやキャッシング業者というのは、「返済でトラブルを出さない相手」と取引をしたいため、賭博行為などで得られる収入を高く評価しません。

このような相手では、借金を無駄に負ってしまう可能性もあるので、ほとんどの業者で審査落ちになってしまうリスクまで生じます。

審査に通りたい!そんな時ほど焦らずにローン申し込みを行う

焦っている時ほどローン審査に落ちやすいというのは、近年では良く知られるようになったキャッシング審査の事実です。

焦っている時に行ってしまう行為のほとんどは、業者にとって迷惑な行為でしかありません。

そのため、キャッシング審査に通りたいと思っている場合でも、以下のような迷惑行為を避けたほうが賢明でしょう。

  • 同じ業者に対して同じ内容の審査を何度も行う
  • 複数の業者に対して同時に申し込みを行う
  • ローン審査の結果がいつ出るのか催促する

キャッシングの審査基準に、上記のような注意書きは存在しません。つまり、審査を申し込む側が自分で注意しなければならないことなのです。

ローン申し込みは、「1ヶ月間に1、2回程度」としておき、複数の業者に対してまとめて申し込みを行うのも良くありません。

審査結果が出た際に納得がいかなかった場合のみ、他の業者でも申し込みを行ってみる・・・とされたほうが、業者にとっても付き合いやすい相手と判断されます。

それと、ローン審査の結果は「最短30分以内、もしくは当日中」という基本も理解しておきましょう。昔に比べると素早い審査が可能になっているので、焦って審査結果を聞き出そうとすると、かえって業者の迷惑になることが多いです。

催促しても審査スピードが上がるわけではありません。大人として、余裕をもって審査結果を待つ・・・というのも礼儀です。

ローンによって審査基準が違う!知っておきたい審査と信用情報の関係

信用情報の話となりますが、教育ローン、カードローン、キャッシング、クレジットカード、ディーラーローン(オートローンと言われているもの)のすべてで、利用されている信用情報が違います。

そのため、キャッシング審査に通っている人であれば、他のローン審査でも通るというわけでは無いのです。

もし、すべてのローンで安定した審査を受けたいという場合は、以下のことに注意をして申し込んだほうが良いでしょう。

  • ローン審査を受けられるか相談する
  • 具体的な返済計画を練っておく
  • 担保・保証人の用意が可能か検討しておく

キャッシングの審査基準は、借りる額が大きくなるほどに担保・保証人なども要求されるようになります。

そのため、キャッシングの審査基準の中には、「担保・保証人が必要な場合、その要求に応えられる人」という項目も存在するのです。

また、今まで教育ローン、ディーラーローンを申し込んだことが無い・・・という場合は、銀行の窓口で相談を行っておくと良いでしょう。

プロのアドバイザーがアドバイスをしてくれるため、不足なく審査を受けられるようになります。それと、具体的な返済計画を練っておくと審査に通りやすくなるので、このような用意も忘れずに行っておきましょう。

逆に、無計画で素早く返済できる・・・と約束しないほうが、キャッシングの審査基準を満たしやすくなります。このような約束をしてしまうと、後になって返済計画を見なおさないといけなくなった際は、無駄に評価を下げてしまうだけになるからです。

キャッシングの審査基準は、安定継続した収入を得ている人であれば、満たせるような項目が多いです。

なので、大きな収入を得ていないと、キャッシング審査に通らないわけではありません。そのため、今ではパート、アルバイトも審査対象に含まれているのです。

キャッシングの基本!こんな人ほどローン審査に通りやすい

キャッシングの審査基準を満たしやすく、且つローン審査に通りやすい人の特徴を案内させていただきます。

まず、ローン審査に通るためには借り入れ実績が1つでも多くあったほうが良いです。というのも、借り入れ実績は必ず銀行、消費者金融のどちらでもチェックしている項目だからです。
借り入れ実績とは

現在までに、どれほどの金額、件数をローン契約に対して負ったのかを表す実績を、借り入れ実績と言います。

借り入れ実績が高いと、ローン審査に通りやすくなるだけでなく、以下のような優遇を受けられることもあります。

  • 融資可能額が通常より多くなる
  • 他のローン、プランを勧められるようになる

キャッシングの審査基準では確認できませんが、融資可能額というのは、金融商品ごとに定められています。例えば、カードローン、キャッシングの場合は50万円、100万円というふうに、融資可能額の設定が行われているのです。

ですが、この金額を超えてお金を借りることもできます。そのような扱いを受けられる人こそ、借り入れ実績が豊富な人です。

それだけでなく、金利が優遇されやすいローン、プランを勧められることも多くなりますので、借り入れ実績が豊富で、返済トラブルが少ない人ほど、キャッシングの審査基準を多く満たしている人物である・・・と言えます。

つまり、キャッシング審査で通りやすい人の特徴は、「収入が安定しているだけでなく、安定した返済も心がけている人物」のことです。

キャッシングの豆知識!パート、アルバイトも審査で評価される

銀行、消費者金融ともに、今ではパート、アルバイトの審査を許可しています。

銀行の場合、大手銀行ほどパート、アルバイトの審査を積極的に行っている状況です。

パート、アルバイトの収入は1万円以上20万円以内と、一般的なサラリーマンと比較しても少ない人が多くいます。

ですが、以下のような理由もあり、今ではパート、アルバイトも審査上で評価を得られるようになりました。

  • 個人信用情報で信用を確認できる
  • 審査、契約を保証会社が担当している
個人信用情報、保証会社とは

個人信用情報機関(CICなど)で登録、管理している信用情報のことです。

保証会社は、消費者金融、信販会社などが銀行と提携し、銀行の代わりに審査、契約を行う会社のことです。

つまり、現代のキャッシング審査は「保証会社が専門的に行っている」ため、昔に比べると、柔軟な審査を可能としているのです。

パート、アルバイトの場合、「毎月1000円単位」で借り入れの調整を行っていることが多いです。昔であれば、10万円、20万円といった10万円単位で融資を行っていましたが、現代では細かい調整を入れて融資を行うことも可能になりました。

これにより、「収入に見合った融資」が可能となったため、パート、アルバイトだけでなく、以下の職業でも融資を受けられるようになったのです。

  • 主婦
  • 学生
  • 無職
  • 個人事業主
借り入れ実績が存在すると、キャッシングの審査基準を満たせるだけでなく、審査上で良い評価を受けやすくなります。

また、今では保証会社の存在もあり、少額の融資にも対応できるようになりました。これにより、パート、アルバイトでもキャッシング審査を受けられるようになったのです。

クレヒスってなに?クレヒスが多いほどキャッシング審査で良く通る?

カードローン、キャッシング、クレジットカードを利用していると、自動的にクレヒスというものが上がっていきます。

クレヒスとは、利用実績のことでもあり、クレジットヒストリーの略称のことです。

クレヒスは以下のような手順で上がっていくようになっています。

  • ローン契約
  • ローン解約
  • ローン利用
  • ローン返済

キャッシングの審査基準では、借り入れ実績が豊富な人ほど評価するという一面もありますが、クレヒスは簡単な契約、返済なども評価対象となっているので、キャッシング契約のみ評価されるわけではありません。

クレジットカードをすでに持っている人の場合、定期的に利用されているようであれば、キャッシングの審査基準にもその評価が用いられるのです。

それと、無駄にローン契約を残していると、「ローン件数が加算される」ため評価が下がってしまいます。今では使わなくなったクレジットカード、ショッピングローンが存在する場合は、早めに解約を行っておいたほうが良いでしょう。

クレヒスも個人信用情報機関で管理しているので、すでにクレヒスが存在するように見せかけても、審査中にそのことがバレてしまうようになっています。

信用情報の基礎知識!信用情報は今日までの借り入れ実績を表す

信用情報に関する補足ですが、信用情報の中には今日までの借り入れ実績も蓄積されていきます。

そのため、過去に行ってしまった問題も、信用情報に記録される仕組みになっているのです。

主に以下のような行為が目立つ人では、キャッシングの審査基準を満たせないこともあるので、そのことも理解して申し込みを行ったほうが無難です。

  • 債務整理
  • 多重債務
  • 自己破産

上記のようなトラブルを起こしている人では、ブラックと言われる「金融事故を起こした人」という扱いになります。

インターネット上では、時折、「ブラックでも融資可能」という情報を掲載しているサイトも見つかりますが、このような情報は今では通用しないものだと割り切ったほうが良いです。

ブラックでは「100%ローン審査に落ちる」ので、信用情報を意識してローンを利用することも大事です。

また、債務整理などを検討している場合は、先に借り入れ先と相談を行ったほうが良いです。というのも、利息なしで、返済のみ行ってくれるようであれば問題ない・・・という対応も存在するからです。

このように業者と相談をして借金を完済した場合、ブラックのような扱いを受けないで済み、他の業者でローン審査を受けた際は、大きな融資は難しいが、少額の融資であれば審査可能・・・というケースが多くなります。

借金が多い場合も、自暴自棄にならずに対処したほうが、これから先のローン申し込みにおいて、キャッシングの審査基準を満たせる人物になれる・・・というわけです。

クレジットカードなど、キャッシング以外の契約であっても、正しく利用されているようであれば、クレヒスが上がっていくようになっています。

また、借金返済を曖昧に片付けてしまうと、通常より悪い評価、ブラックの評価などを受けてしまうので、業者と相談の上で問題を起こさず返済を継続したほうが賢明です。

借入希望額と審査の難易度!借入希望額は20万円以内が好ましい?

借入希望額についてですが、銀行、消費者金融ともに大きな借入希望額では、審査の難易度が跳ね上がってしまいます。

なので、収入に見合った借入希望額で設定を行ったほうが良いでしょう。

具体的な借入希望額ですが、以下のような設定を行うようにすると、審査の難易度がほとんど変化しません。

  • 年収100万円以内:20万円以内
  • 年収200万円以内:50万円以内
  • 年収500万円以内:100万円以内

キャッシングの審査基準では確認できませんが、融資というのは総量規制を前提にして行っています。

総量規制とは

ノンバンク系(銀行以外の消費者金融など)で適用されている規制のことを、総量規制と言います。

総量規制は、年収の3分の1を超える借り入れに対して規制がかかるので、そのことを理解して申し込みを行う必要があるのです。

年収100万円以内の場合、20万円以内で借入希望額を設定するようにしましょう。33万円まで可能・・・ではありますが、できるだけ「年収の4分の1以内」を意識したほうが良いです。

借り入れ実績が少ない人では、このような金額でもギリギリ審査に通るか怪しい人もいます。なので、確実性を高めるために20万円以内で設定したほうが良いのです。

年収は500万円付近で、ようやく高い評価を得られるようになります。なので、年収200万円以上400万円以内という年収では、それほど高い評価を得られない・・・と思ったほうが無難です。

主婦のキャッシング審査!主婦の場合は審査基準が通常と違う?

主婦のキャッシング審査についてですが、一般的な職業よりも厳しい審査基準が存在しますので、そのことを理解して申し込んだほうが良いでしょう。

例えば、30万円以上の融資は難しいことを理解しておいたほうが良いです。

主婦の場合、「配偶者貸付」というものを利用して融資を受けるのですが、以下の審査基準を満たせない人では、キャッシング審査に通れないようになっています。

  • 配偶者の了承を得られる
  • 配偶者が収入を得ている

キャッシングの審査基準は配偶者に対して適用されるため、配偶者(主婦の場合は夫)の了承を得ている状況で、且つ収入確認も行えないといけません。

このように厳しい審査基準となっているのですが、その代わり、金利が優遇されやすく、且つ長期間の融資にも対応しています。

審査そのものが複雑になっておりますが、配偶者の借金状況に問題が無いようであれば、主婦専用のキャッシング審査(配偶者貸付)で審査に落ちる心配もないでしょう。

このような貸付は、主に銀行で対応しています。そのため、消費者金融では対応していないこともありますので、申し込み前に対応可能か聞いておいたほうが堅実でしょう。

【参考ページはこちら】
初めての人でも審査に通りやすいカードローン

キャッシングの審査基準は、実際の借り入れ実績を元にして行われます。

そのため、まったくお金を借りたことが無いという人では、銀行、消費者金融ともに審査が厳しくなりやすいのです。ですが、このような実績にはクレジットカードも含まれます。

そのため、すでになにかしらのローン契約を組んでいる人であれば、パート、アルバイトであっても審査可能です。主婦の場合、配偶者の了承、審査に問題が無いようであれば、主婦でもキャッシング審査を受けられるようになっています。

私たちがお金を借りたいときに、どの貸金業者を選ぶかという場面までは、利用者側が主導権を持っています。貸金業者側は、申し込んでくる相手にお金を貸すか貸さないかを選ぶことは出来ても、「この人にお金を貸そう」とアプローチを掛けることは出来ません。 私たちが借り入れの利用先を決めると融資の主導権は貸金業者側に移ります。今度は私たちに決定権がなく、相手が融資を認められなければ、絶対に借り入れをすることは出来ません。 貸金業者が融資を嫌がる相手で最も有名な...

貸金業者の中には、審査が驚くくらい簡単な場合があります。たとえば、本人確認だけですぐにお金を貸してくれる業者や、高額の融資でも簡単な所得証明だけで許可を出す業者などです。 大手の知名度のある消費者金融では、どれだけ希望金額が少なくても、必ず本人確認と所得証明が必要であることがほとんどなのですが、中小の消費者金融は、意外なほど審査が甘い場合があります。 注意しなくてはいけないのは、不自然に審査が甘い消費者金融の中には、闇金といわれる悪徳金融業者が...

消費者金融は、高度経済成長期であった1980年台から数を増やしてきました。その過程で、借り入れをしたことがない人でも安心して利用してもらえるように工夫を重ね、今では、テレビのCMでも頻繁に宣伝をするほど業界が成長しました。 しかし、貸金業を営む業者が増えるにしたがって、利用者にはこれまで以上の借り入れに関する知識が求められるようになりました。特に、借り入れをするときに自分が金融業者にとってどういった存在なのかを認識しておく重要性が上がりました。 ...

必要な時に手軽に現金借り入れができるキャッシングは、とても便利で頼りになるサービスです。でも、キャッシングを利用したことのない人の中には、『難しそう…』『手続きがよくわからない』などのマイナスイメージを持っている方もいるのではないでしょうか? 確かにキャッシングの手続きやシステムは普段の生活からすると少し異質で独特な部分があるのは事実ですが、だからといって決して難しかったり、初めての人だと失敗してしまう…というようなことはありません。 基本的な手続きの...

キャッシングというと、何を思い浮かべますか?いわゆる消費者金融のような、貸金専門の業者をイメージする方も多いのではないでしょうか? もちろんそれも間違いではありません。しかし実際には、キャッシングというサービスはかつてのように貸金専門業者だけが取り扱っているものではなくなってきています。 キャッシングのような現金借り入れができるサービスの選択肢は、一昔前に比べると格段に広がってきているのです。 (こちらもご参考に→おすすめのキャッシング会社はこちら) ...

キャッシング初心者は初めての借入審査に不安を感じています。お金を借りるための審査は厳しいことが多いので、自分が審査に落ちるのではないかと思ってしまうのです。 しかし、その他のローン審査に比べカードローン審査は通りやすいことで知られています。カードローン審査にはいくつかポイントがあり、そこをクリアしていれば審査に落ちることはほとんどありません。 また審査に自信がないのなら、審査が通りやすいと言われているカードローンを選ぶことも大事です。全国にはたくさんの...

カードローンキャッシングをする時考えるのは、審査のあまり厳しくない業者はどこかという事ではないでしょうか。審査の甘いカードローンと厳しいカードローンはどこが違うのでしょうか。また審査に受かる為には、どのようなことに気を付けなくてはいけないのでしょうか。 こちらでは審査について詳しくお話ししています。甘いとか厳しいというよりも、きちんとポイントを抑えて審査に臨むようにすれば、審査は怖いものではありませんよ。ぜひキャッシング、カードローンに申込みする際の参考...

カードローンキャッシングをする時に、何が一番気にかかるかというと、ほとんどの人が審査に受かるかどうか心配、融資可能かどうかが不安といわれます。その為に出来るだけ審査のゆるいキャッシングに申込みたいと考えますよね。 審査のゆるいキャッシングローンは本当にあるのでしょうか。こちらではカードローンの審査について詳しくお話ししています。ポイントを抑えれば審査は怖いものではありませんよ。審査に受かる為に必要なことも併せてお話ししています。恐れず審査を受ける為にぜひ...

自動車を購入する場合の自動車ローンを組む時、キャッシングしていると審査に通り難いという事を聞きます。本当に自動車ローンにキャッシングが影響するのでしょうか。こちらでは自動車ローンとキャッシングの関係についてお話ししています。 自動車ローンにキャッシングが何故影響するといわれるのか、自動車ローンを無事通過する為にはどうすれば良いのかなど、審査に受かる為のポイントも挙げています。自動車ローンを検討されているのなら、ぜひ参考にして下さいね。 (こちらもご参考...

キャッシングやカードローンは審査が甘く誰でも簡単に利用できる!…そのようなイメージを持っている方は少なくないでしょう。 確かに住宅ローンなどに比べれば審査がゆるいのはうなずけますが、決して審査がゆるいわけではありません。 本当にゆるかったら、「審査のゆるいカードローン・キャッシングは…」といった質問などが出ることはないからです。 とはいえ「ここは審査が甘いときいたのに落ちてしまった、自分は借りられないのか」と絶望している方は諦める必要はありません。 ...

1 / 1212345...10...最後 »
新着記事
TOPICS