> > 様々な職業とキャッシング審査の関係まとめ

キャッシング審査に通りやすいのはどんな仕事の人?様々なケースを紹介

キャッシング審査の通りやすさは、仕事内容と関係していることが今では良く知られています。

例えば、毎日安定して仕事されている人ほど、キャッシング審査で落ちる可能性は少ないです。

今回は、ローン審査に強くなるための基礎知識として、具体的にどのような仕事に就いていると高評価になるのか、もしくは高評価を得るための審査テクニックを案内させていただきます。
(⇒キャッシング審査基準を満たす職業とは?

銀行と消費者金融!どちらを選んでもキャッシング審査の評価は同じ?

銀行と消費者金融は良く比較されます。

ですが、どちらかのほうが圧倒的に優れているというわけではありません。以下のように、自分に合った金融機関を選択するのが、ローン選びでは最善の判断となります。
  • 銀行:低金利、長期借入に対応
  • 消費者金融:即日融資、WEB審査に対応

また、銀行、消費者金融のどちらを選んでも、仕事に対しての審査は柔軟なものになりやすいです。今では、パート、アルバイトもキャッシング審査を受けられる時代なので、先ずは上記を確認して、どちらの金融機関と相性が良いかチェックしましょう。

銀行は金利が低く、長い期間の融資にも対応しています。消費者金融は、金利が高くなりやすいのですが、その代わり即日融資に対応しているため、サービス面では銀行より優れているという評価が多いです。
(⇒借りやすいキャッシング業者は人それぞれ

銀行のキャッシング審査!ローン審査が厳しいというのは本当?

銀行のキャッシング審査ですが、ローン審査が厳しいというのは昔の話です。

そのため、今ではパート、アルバイト、主婦、学生も審査対象者になっています。

ただ、仕事の影響もあり年収が少ない場合、銀行のキャッシング審査に通らないというケースは存在しますので、そのことを理解した上で審査の申し込みを検討したほうが良いでしょう。

  • 年収が100万円以上
  • 収入が安定している

上記2点の条件をクリアできない場合、銀行のキャッシング審査は厳しいものになりやすいです。

ただ、年収が100万円以上というのはギリギリ満たしているケースでも問題ありません。90万円前後の年収でも審査対象者になるため、安易に100万円以内は審査に落ちる・・・と思わないほうが良いでしょう。

収入の安定については、半年間以上で安定した収入を得ているようであれば、銀行のキャッシング審査であっても厳しいものになりづらいです。

昔の銀行は、2年間以上の勤続年数、年収は200万円以上・・・という審査基準が目立ちましたので、「昔に比べて柔軟になった」というのが、銀行に対する現在の評価と言えます。

申し込みの注意点!カードローン、クレジットカードの相違点を検証

消費者金融でも販売している金融商品に、「カードローン クレジットカード」といった商品が存在します。

ですが、申し込みの手順や審査基準(年収など)は、キャッシング審査と同じです。

なので、今回は相違点のみ検証していく形で、キャッシング審査とどの部分で違っているのかを案内していこうと思います。

  • カードローンは大きな融資に対応
  • クレジットカードは小さな融資に対応
  • 返済方法が違う

上記は、キャッシングローンと違っている部分です。カードローンは100万円以上の融資に対応していますが、キャッシングローンは100万円以内というケースが多いです。

クレジットカードと比較すると、クレジットカードは1万円単位で融資を行っているので、キャッシングローンより小さな融資に対応していると判別できます。

最後に、カードローンはリボルビング払い、キャッシングローン、クレジットカードは返済回数を指定する返済方法となっているので、返済方法も借り方によって変化するということがわかります。

仕事に対して、昔のように厳しいキャッシング審査を行っている金融機関は、今では少なくなっています。

そのため、仕事がパート、アルバイトという人でも、現代であればキャッシング審査に落ちてしまうことが少ないのです。さらに、年収などの審査基準も柔軟なものに変わっています。

仕事と年収!年収は多ければ多いほどキャッシング審査で優位になる

年収についてですが、仕事で得る年収は基本的に多ければ多いほど、審査上の評価が良くなります。

当たり前のことのように感じますが、仕事で得る年収に対しても、キャッシング審査上の違いが存在するので、今回はその違いについて検証していこうと思います。具体的には以下のような違いがあるので、良く学んでおいたほうが良いです。
  • 年収は500万円以上で高評価
  • 個人事業主の場合、営業年数もチェックされる
  • 複数から収入を得ている場合は評価を得にくい
  • 不安定な年収では高評価になりにくい

年収は200万円以上で普通の評価、そして500万円以上で高評価になりやすいです。銀行、消費者金融によって評価が違ってきますが、高評価を得やすいという事実は変わりません。

また、個人事業主は収入だけでなく、営業年数もチェックされます。個人事業主に対して厳しい審査を行っている金融機関は多いので、すべての収入、仕事に対して柔軟な審査を行っているわけではありません。

それと、収入は1つの業者から得ている状況のほうが、高評価になりやすいです。複数から得ている場合、いきなり収入が途絶える可能性も出てくるので、高評価になりづらいのです。

また、今月の月収は100万円、翌月は10万円というふうに不安定な収入、年収では評価されません。ギャンブルなどで得られる収入は、正常な収入と判断されないので、そのような収入を差し引いて収入が多いか確認したほうが無難です。

仕事の勤続年数!勤続年数はどれほどあったほうが良いのか?

勤続年数についてですが、基本的に3ヶ月以上、半年間以上というのが好ましいです。

消費者金融は3ヶ月以上、銀行は半年間以上で評価されやすくなります。

消費者金融はある程度で収入が安定している人であれば、細かいキャッシング審査で審査を進めてくれます。そのため、25万円といった細かい調整で融資が可能なため、銀行のように10万円単位審査が少ないのです。

銀行の場合、1年間以上の勤続年数を有している人であれば、評価がさらに上がりやすくなるので、10ヶ月間の勤続年数・・・というように、微妙な勤続年数の場合は12ヶ月間の勤続年数となるまで、キャッシング審査の申し込みを控えてみるのも賢明でしょう。

仕事の収入が安定している人であればあるほど、銀行、消費者金融ともに高評価となりやすいです。

消費者金融では、仕事の勤続年数に対しても柔軟な審査を行ってくれますので、それほど収入の多さにはこだわりを見せません。このようなことを知っていると、安心してキャッシング審査を受けられるようになります。

雇用形態にも注意!正社員以下では高評価になりにくい

仕事の収入も大事ですが、仕事の雇用形態も重要です。

雇用形態は、正社員に近いほど高い評価になるという特徴もあります。

なので、半年間ほど派遣社員として勤務したため、正社員で登用する流れになった・・・という場合は、正社員として勤務できるようになるまで、キャッシング審査を控えてみるのも良いでしょう。

他にも、以下のようなタイミング、雇用形態の場合は、キャッシング審査を控えたほうが無難となります。

  • 転職後に役職が変わる
  • 転職後に仕事内容が変わる

無職からの就職!仕事にいきなり就いてもキャッシング審査に通る?

キャッシング審査のFAQなどでは、最近になって就職が決まった人のキャッシング審査は可能?という、FAQも存在します。

ですが、こればかりは銀行、消費者金融で相談を行わないとわかりません。

というのも、今までに借金をされた経験がある人、まったく無い人では評価が違うからです。

それと、借金をされた経験がある人のほうが、カードローン、キャッシングローンのどちらでも審査上では良い評価になりやすいです。その理由ですが、今までに借金経験がまったく無い人は、「スーパーホワイト」という扱いを受けるからです。

スーパーホワイトとは

借金経験が0件の人をスーパーホワイトと言います。

借金経験が1件以上ある人であれば、借金に関する履歴を業者側でチェックできるため、「本当に信用できる人物」かどうかを業者側で精査することが可能なのです。

スーパーホワイトでは、借金を返済した記録さえも確認できませんので、ほとんどの金融機関では審査が慎重になりやすい・・・と覚えておきましょう。

なので、これから就職しローンも組む・・・という予定の方は、先にクレジットカードなど、審査が柔軟で少額から借りられるローンで契約を組み、スーパーホワイトを脱しておいたほうが賢明です。

雇用形態は、正社員に近いほど高評価になりやすいので、雇用形態が正社員になりそうな場合は、キャッシング審査を控えたほうが良いでしょう。

勤続年数はそのまま引き継がれるので、そのことを心配する必要もありません。ただ、今までに借金経験が無い人では、銀行、消費者金融で融資を受けることが難しくなることもあります。

勤務時間にも注意!夜間専門ではキャッシング審査の評価が下がる

仕事の勤務時間ですが、キャッシング審査は夜間専門に対して厳しい審査を行なっていることが多いです。

夜間専門では連絡が取りづらく、また収入が不安定になる人も多いからです。

なので、夜間専門として仕事される場合は、あらかじめ申し込み前に、業者に対してそのことを伝えておいたほうが良いでしょう。

また、以下のような職種では評価が下がりやすいので、転職を予定している場合は、転職前にキャッシング審査を申し込んだほうが無難です。

  • 知名度の低い仕事
  • 夜専門の営業職

知名度の低い仕事というのは、最近になって誕生した仕事などが該当します。そのような仕事に転職する予定の方は、あらかじめそのような仕事でも、キャッシング審査を受けられるのか、業者に聞いておいたほうが良いでしょう。

夜専門の営業職というのは、バー(飲酒店)などが該当します。夜専門で営業を行っている仕事、もしくはお客様との付き合いが発生する仕事などでは、高い評価が付かないケースが目立つのです。

これらの仕事は収入は良いのですが、離職率も高いという評価になっているため、収入だけではキャッシング審査に通らないことが多い・・・と、理解しておきましょう。

仕事と転職の関係!転勤、転職が目立つとキャッシング審査で不利?

転勤、転職というのは、基本的にキャッシング審査で評価されない要因です。

というのも、このような対応が目立つ人は収入も安定しないからです。

転勤することで収入増というケースは存在しますが、引っ越しにかかる費用、もしくは新しい生活で必要になるお金・・・などを考慮に入れると、返済が不安定になるのでは?と思われることが多いです。

キャッシング審査のほとんどはシステムが行っていますが、最終的な審査は人の手により完了します。つまり、生活などで無駄な出費が見られるような人では、キャッシング審査で通りづらい・・・と理解しなければなりません。

ただ、これらは事前に理解した上で対処可能です。転勤を命じられた場合は、転勤前にキャッシング審査を終えて、現在の勤務先で在籍確認を終えておきましょう。

そして、契約後に転勤先の情報を入力し、転勤を行ったことを業者に伝えると、スムーズにキャッシング審査を終えることができます。

このように状況が芳(かんば)しくない・・・というだけで、どのような手段を講じても無意味と考えず、現状で出来る対応を望んで行ったほうが、仕事の都合に関係なく、良いキャッシング契約を組むことができるのです。

【参考ページはこちら】
自由業でもキャッシングはできる?

キャッシング審査と仕事の関係は、今ではシンプルにまとまっていることが多いです。

銀行、消費者金融でも同じような審査基準を設けているので、銀行ではまったく審査に通らない・・・という人も、今ではあまり見かけないようになりました。

ただし、収入が不安定、勤務先が不安定という仕事状況では、金融機関のほうも不安になってしまうので、そのような場合はキャッシング審査を受けないほうが良いでしょう。

このような対応1つで状況が変わり、気持ち良く仕事を行えるだけでなく、気持ち良くキャッシング契約を組むことも可能です。

不景気の影響で就職活動が思い通りにいかないと悩んでいる人は少なくありません。もちろん希望の会社に就職できればベストですが、そうでない人も多くいます。 苦労して就職活動を行い、どうにか内定を手に入れても内定が取り消しになるケースもあります。内定が取り消された原因がカードローンを利用したせいではないかと噂されているようですが、そんなことはありませんので安心してください。 カードローンと内定取り消しにまつわる様々な噂が巷で出回っているようですが、どれも信憑性...

人間は誰でも突然病気になります。運動をしたり、食生活に気をつけたり、どんなに注意していても突然の病気は避けられません。 もしも急にめまいや頭痛、腹痛などで倒れた場合、救急車を呼べば病院に連れていってもらえますし、すぐに処置してくれます。たとえ、患者にお金がなくてその場で支払いができなくても命にかかわる病気の場合は、支払いはさておきとりあえず手当や手術はしてもらえるのです。 しかし、厄介なのが虫歯です。虫歯は長年放置すると死に至ると聞いたことがあ...

カードローンと言えば申込の大前提は安定した収入があることです。残念ながら基本的に無職の人はカードローンの申込ができません。 しかし、この不景気では倒産やリストラなどで職を失ってしまうことも珍しくありません。そんなときこそお金が必要なのに仕事がなければ借入できないなんて困ります。 でももし就職先が決まり、内定をもらっているという状況であれば借入はできるのでしょうか?内定後、借入ができれば就職してお給料をもらえるまでどうにかしのげるので助かりますよね。 (...

欲しいものがたくさんある時や友達との付き合い、その他いろいろな場所で、お金が急に必要になる時ってありますよね。 特に年齢が若いと物欲も凄く、普通に生活しているだけでもどんどん欲しい物が出てきます。 しかし、お金には限界があります。しかも働いているのならばお金に余裕もありますが、大学生となるとお金に余裕がありません。 そんな時に便利なのが金融会社のキャッシングサービスなのですが、大学生でも利用することは可能なのでしょうか。 又、そんな...

大学生にとって就職活動というのは人生を決める一大イベントです。無事に内定をもらって就職の予定が決まると、肩の荷が下りた気分になりますよね。 就職さえ決まれば、あとは残りの大学生活をいかに充実したものにするかが大事になってきます。そこで問題になってくるのがお金のことではないでしょうか? せっかく就職活動から解放されたのに、お金がなくてやりたいことを諦めなければならないのでは、もったいないですよね。 そんな時、キャッシングでお金を借りるというのは1つの方...

カードローンのような現金借り入れができるサービスというと、仕事をしている人が利用できるものというイメージが強いですよね。 でも、企業に就職が決まっている内定者ならすでに勤務している人と同じ扱いでもよいのでは?と考えたことのある方もいるかもしれません。 実際のところ、まだ入社はしていない就職内定者の場合、カードローンの審査ではどのような扱いになるのでしょうか?あるいは、入社して間もない新入社員は、勤続年数の長い先輩社員と同様にお金を借りることができるので...

生活保護受給者はキャッシングすることは出来ません。その理由についてと、生活保護を受給することについて、こちらで詳しくお話ししています。キャッシングする為に必要なのはどのようなことなのかも併せてお話ししています。 生活保護受給者なら、その状況を少しでも改善することができるように努める義務があります。今の生活をより良いものへとする為の足掛かりが生活保護なのです。通常の生活を維持できるようになることが、まず第一に必要なことです。 また生活保護受給者に向けて、...

一生懸命就職活動を頑張って晴れて、就職内定が決まり、もう少しで社会人一年生となる人がたくさん存在します。 その人にとっての就職活動は色々な時期に行われますので、一年中を通して一生懸命就職活動に勤しんでいる方が必ずいます。 努力が実って就職内定者となったのは良いのですが、スーツを新調したり、靴を購入したりして意外とお金がかかったするものなんです。 そんな時、キャッシングで楽にお金を借り入れできれば便利なのですが、就職内定者の段階でキャッシングやカードロ...

事業主なら、お金を借りようと思った時やお金を借りた後などに仕分けをするのか気になりますよね。ここでは、事業主のできるキャッシング方法を紹介していきます。 事業主の場合は、事業資金として借りるのか、生計費として借りるのかで借入先が変わってきます。例えば、銀行カードローンでは事業資金には使えなかったり、消費者金融には事業資金と生計費の両方に使えたりする商品があります。そのため、しっかり理解してからキャッシング商品を選ぶ必要がありますよ。 知っておきたい!事...

お金を初めて借りる時、誰でも緊張してしまうものです。むしろ軽過ぎる気持ちで借りるより、ずっと健全な精神だと言えます。その緊張を忘れなければ、失敗することなく、安全にキャッシングやカードローンを利用できるでしょう。 学生時代に経験があれば別ですが、新社会人になったことをきっかけに、初めてキャッシングやカードローンなどの個人小口融資を利用する人が多くなっています。就職し、安定した収入ができることへの安心感や、社会人ならではの急激な出費が増えるからでしょう。 ...

1 / 212
新着記事
TOPICS