> > > 徹底比較!誰でも通るほど審査が緩いキャッシング会社と闇金の違い

徹底比較!誰でも通るほど審査が緩いキャッシング会社と闇金の違い

私達が金融業者からお金を借りようと思った時に、借り入れ先に候補としてあげられるのは、銀行や消費者金融会社であることがほとんどです。中でも消費者金融のキャッシングは、収入に自信がない人や、すぐにお金を借りたい人にとって、銀行よりも優先して申し込みたいと思う相手でもあるでしょう。

消費者金融には、全国に展開して企業規模も大きい大手消費者金融と、支店を持たず、地方に点在し、大手よりもさらに緩い審査で顧客を集めようとしている中小消費者金融の2つがあります。

返済能力に不安がある人はこの中小消費者金融を使いたいと考えますが、気をつけるべきなのは闇金の存在です。今回は、この中小の消費者金融と、悪徳業者である闇金の違いについて解説していきます。
(⇒消費者金融は銀行よりも審査が甘い?

まずは中小消費者金融がどういった企業であるかを知っておこう!

前提として、収入が安定している人は、銀行のキャッシングや大手消費者金融のキャッシングを利用するのが一番得策です。金利の面でも得になりますし、よく分からない相手からお金を借りるリスクを冒す必要性がないからです。

安定した収入があれば、銀行のキャッシング審査で断られると言ったことは滅多に起こりません。無茶な借入金額を希望したり、過去に金融トラブルを起こしていない限りは銀行や大手消費者金融の借り入れを利用しましょう。

中小消費者金融は、銀行や大手消費者金融では借り入れが出来ない人をメインターゲットにして経営していることがほとんどです。つまり、返済能力が低い人に対して、銀行などよりも高い金利でお金を貸しているのが、中小消費者金融という認識でおおよそ合っています。

もちろん、それが全てではありません。中には、大手消費者金融よりも低い金利で融資を行っている中小の消費者金融も存在します。ですが、それは稀な企業で、大半は顧客リスク(利用者に返済してもらえなくなる危険性のこと)を会社が背負う代わりに、法定上限の金利を課すのが中小消費者金融の立ち位置となります。

闇金は中小消費者金融と何が違うのか

中小企業を利用する時に気をつけなくはいけないのが、「合法の業者だと思って利用したら、それが実は闇金だった」というケースです。闇金はひと目見ただけではそれとはわからない業者も増えており、引っかからないようにするには、いくつか知っておかなくてはいけないポイントがあります。

そもそも、闇金とはどういった業者のことを指しているのでしょうか。借り入れをよく知らない人なら、おそらくこのような答えになるでしょう。すなわち、「国の許可を取らず営業し、利用者に法外な金利をかけてお金を貸している違法業者」という認識だと思います。

実は闇金の定義は厳密には金利は関わっていません。確かに利息制限法という法律が貸金業者に課せられており、これを超えているのは違法なのですが、それはあくまで闇金の一部が違法金利を課しているだけです。法定金利以内に抑えていれば、全て合法な貸金業者なのかと言えば、そうではありません。

闇金の定義とは、「貸金業を営業する際に、政府(金融庁)の営業許可を受けずに勝手に営業している業者」のことを指しており、たとえいかに金利を低く設定している業者でも、国に許可を取っていない金貸しは全て闇金という扱いになるのです。

中小消費者金融と闇金は明確に違います。闇金とは、国の許可を取らずに営業している貸金業者であり、金利の高さは闇金の区別とは関係ありません。中小の消費者金融とは、法律で決められた金利を守っており、支店を持たずに、大手よりも緩い審査で融資を行っている金融業者を指すことが多いです。

闇金かそうでないかを見分けるにはどうすればいいのか

では、これをどうやって見分ければ良いのかという話になってきます。見分け方は簡単です。貸金業者は、店頭のわかりやすい場所に、営業登録番号と言うものを記載しておかなくてはいけません。

この番号は、当該貸金業者が営業するために、国に許可を取っている証であり、営業が国に認められた時に発行されるもので、当然、会社ごとに1つしか無く、偽造も認められていません。

この番号は金融庁が管理しており、番号を控えて金融庁に確認すると、その番号の業者名、所在地、代表者名などを照合することが出来ます。闇金が嘘の番号をでっち上げていても、確認を取れば、その番号は存在しないことが分かり、違法業者と区別がつきます。

昔は、闇金がそうでないかは、金利によって見分けるのが主流でした。簡単にいえば、金利が異常に高いのが闇金、そうでなければ合法の消費者金融、と適当に判断されているのが普通でした。

しかし、インターネットが普及し、貸金業者が多数登場してきたあたりから、そんな法外な金利を設定していれば、自ら違法だと宣言するようなものであり、誰も引っかからなくなったため、こうした高金利の闇金が数を減らしていきました。

つまり、金利が低いから合法で安全と簡単に判断するのは、今では通用しないということなのです。「金利が低いなら闇金でも別にいいじゃないか」と考える人もいるかもしれませんが、話はそんなに単純ではありません。

金利の低い闇金を利用するのはなぜ駄目なの?

金利の低い闇金のことを、最近では「ソフト闇金」と呼称しますが、金利が低いと言っても、実はこれは落とし穴で、「あくまでかつての超高金利に比べれば低い」というだけに過ぎません。

理解しておかなくてはいけないのは、たとえソフト闇金と言えども、合法な消費者金融の金利の数倍から数十倍の金利が課せられるということです。

例えば、10年近く前の闇金は、「トイチ」という金利が普通にありました。トイチとは、10日(トウカ)で1割(イチワリ)を略したものです。つまり、10万円借りたら、10日で1万円の金利が掛かるということです。

1ヶ月で30%以上の金利がかかり、1年も借りようものなら、利率は3000%を超えます。つまり、10万円の借金が1年で300万円になるということです。こうした金利の闇金もザラにありましたが、今ではもっと金利が低くなりました。例えば、1ヶ月で2割の金利など、年利に換算すると、とんでもない金利なのがソフト闇金の実態です。

闇金を見分ける時に一番確実なのは、政府の営業登録番号を照会することです。金利が一見低そうに見える闇金をソフト闇金といいますが、返済能力がない状態で借り入れ出来るからと言って飛びついてはいけません。ソフトと言ってもきちんと計算すると、法定金利より遥かに高い金利を課しているケースが大半だからです。

営業許可番号以外に闇金だと判断できる情報とは

インターネットで中小消費者金融を探す場合など、実際に店舗に行けないような場合、営業許可番号が見つからないケースがあります。企業のホームページがあれば、そこに記載する義務がありますが、中小消費者金融の中には、そもそもホームページを持っていない業者もあります。

ある会社が合法が違法かどうかを判別する際には、合法な企業を探すのではなく、違法な業者の特徴を知っておき、それに当てはまらなればば問題ないという風に探していくほうが安全です。

闇金は、政府の許可なしに営業しているため、摘発を逃れるためにどうしても合法な消費者金融と同じようには振る舞えない点があります。それをしっかりと理解しておき、調べるときの参考にするのが良いでしょう。
(⇒危険なキャッシングには気をつけて!

闇金の強みはいざという時に雲隠れできることです。つまり、こちらが騙されたと思って法的に訴えようとしても、そのときにはもう会社がなくなっていることもあるのです。

しかしそれは逆に言えば、闇金は、地に足がついた経営が出来ないということでもあります。これを踏まえた上で、闇金の特徴となる部分を解説していきましょう。

ひと目で分かる!闇金の特徴と弱点を知っておこう

お金を借りようとした利用先の貸金業者が、ちゃんと営業許可をもらっている合法の中小消費者金融なのか、違法な闇金なのかを見極めるには、幾つかのポイントがあり、それらを総合的に見て判断します。

まず有名な闇金の見分け方が、連絡先が固定電話が携帯電話かという点です。通称「090金融」と言われる闇金は、業者の連絡先が携帯電話の番号しか記載されておらず、固有の電話番号がありません。

固有の電話番号がないということは、店舗や事務所が存在せず、個人または、少数のグループが営業をしているということでもありますので、消費者金融の連絡先が携帯電話の番号しかない場合は、高確率で闇金であると知っておきましょう。

こちらから連絡を一度もとったことがないにも関わらず、自宅にかかってくる融資の電話があった場合も、ほぼ確実に闇金だと特定することが出来ます。銀行であっても、消費者金融であっても、合法な貸金業者は絶対に自分たちから顧客一人一人に営業は行いません。

一方、闇金は、独自の顧客リストを業界で共有しています。このリストには、ブラックになっている者と、多重債務状態になっているものの連絡先が記載されているもので、闇金はこのリストをもとに、狙うものを選んでいるのです。

闇金の弱点とも言えるのは、その性質上、どうしても受け身な営業方法が取れない点です。摘発を逃れるために固有の店舗を持てないので、来客を待つという経営が取れず、どうしても自ら勧誘しなくてはいけません。

しかし、通常の消費者金融はどんなに規模が小さくても、店舗を持っているので、明らかに違法だとわかるような行動を取らざるを得ず、それが闇金の特徴として悪目立ちしているのです。

闇金かどうかを判断する際には、複数の特徴から先に闇金を判別するほうが確実です。特に連絡先が携帯電話の番号しか無いとき、相手から借り入れの勧誘電話がかかってきたときは確実に闇金と特定できるので、この2つには絶対にかかわらないようにしましょう。

今でも誰でも審査が通る激甘消費者金融は存在するのか

かつて、「激甘消費者金融」というこ言葉が使われていた時がありました。簡単にいえば、本人確認だけでお金を借りることが出来る消費者金融の総称だったのですが、今でもこうした消費者金融はあるのでしょうか。

闇金と消費者金融の区別がつきにくかったのは、この激甘消費者金融の存在もありました。先述しましたが、金融業に詳しくない人は、一目見ても、闇金かそうでないかを見分けるのは難しいのです。

「誰にでもお金を貸す」という激甘消費者金融のキャッチコピーを信用してお金を借りたら闇金だった、という事例が、闇金にひっかかる人で一番多い理由でもあったのです。

消費者金融は審査が甘いと言っても「無い」わけではありません。確かに幅広い人にお金を貸してはいますが、いかに中小消費者金融と言えども、借り入れを断る相手は存在します。
(こちらもご参考に→中小消費者金融を狙っているあなたへ

特に、ブラックと言われる、過去に金融トラブルを起こした相手の借り入れは、基本的にどの消費者金融でも断られるケースが大半だということを覚えておきましょう。

また、大手消費者金融は、意外にも審査が厳しかったりします。安定した収入がないと、銀行同様あっさりと審査に落とされることもあります。収入が不安定であるなど、返済能力に自信がないなら、最初から中堅以下の消費者金融に狙いを絞ったほうが、借り入れが成功しやすいということもあります。
【参考ページはこちら】
はじめてのカードローン!申込みから借入まで

審査の甘い消費者金融を見つけたと喜んで借り入れをしたら闇金だったというケースは、大抵は相手の甘い条件を鵜呑みにして騙されるケースがほとんどです。自分の今の返済能力を客観的に判断することを何より優先しましょう。明らかに返済能力と釣り合わない融資になった時に疑う考えを持っているだけで、闇金に騙される危険性は大きく減らすことが出来るでしょう。

加えて、闇金の特徴を知っておき、相手から融資に関する電話がいきなりかかってきたときは、全部断ってしまっても構いません。合法な貸金業者は決して自分から営業電話はかけないと知っておくだけでも充分に闇金対策になります。

新着記事
TOPICS