> > キャッシング会社と審査合格の条件の一覧

キャッシング審査は借入条件によって異なるってどういうこと?

キャッシング審査を申し込む際は、しっかりと借入条件についても確認しておきましょう。

というのも、借入条件は申し込むキャッシングによって異なるからです。金利についても違ってくるので、自分に合ったキャッシングか確認する必要があります。

今回は、そんな審査、借入条件の詳しい情報を案内していますので、キャッシング審査の実態が気になる人は参考にしてください。
(こちらもご参考に→審査が甘いキャッシングは?

なぜ異なる?借入条件によって異なるキャッシング審査の内容

キャッシング審査は借入条件によって異なることが多いです。

ローンによって比較をしてみるとわかりますが、ローンには一般的なもの、専門的なものがあるので注意してください。また、このようなローンは金利も異なることが多いです。

なぜ、借入条件がローンによって異なるのか?というと、以下のような狙いがあって異なっています。

  • 融資すべき相手を選定するため
  • 様々な金融商品を販売するため

一般的なローンにはカードローン、キャッシングが存在しますが、これらの金融商品は、ほぼ同じ借入条件となっています。

ですが、専門的なローンとして販売されているフリーローンは、キャッシング審査とは異なり、以下のような書類、担保、保証人などを求められることもあります。

  • 収入証明書
  • 金融機関が定める担保に該当するもの
  • 金融機関が定める保証人に該当するもの

フリーローンは、キャッシングとは違い1000万円以上でも融資可能となっているため、キャッシング審査と借入条件が異なるのです。

近年では、銀行、消費者金融で審査が甘くなった・・・と言われていますが、実際はカードローン、キャッシング、フリーローンともに厳しい審査を行っているのが実態です。

特にフリーローンでは、上記のような厳しい借入条件を満たせる人でなければ、融資を受けることも難しくなるでしょう。

審査が甘いは嘘!?一般的なキャッシング審査は基本的に審査が厳しい

すでに審査が甘いというのは現代においても嘘である、むしろ厳しい審査が多いと案内しました。

そのため、現代のキャッシング審査でも以下のような借入条件が目立ちます。

  • 年齢が満20歳以上の人
  • 年収が100万円以上の人
  • 保証会社の保証を受けられる人
保証会社とは

キャッシング審査、契約に関する手続きを担当している会社を、保証会社と言います。

そのため、現代のキャッシング審査では、保証会社の保証を受けられる人でなければ、キャッシング契約を組むことができません。

保証会社は消費者金融など、キャッシング審査のノウハウを培っている金融機関が主に担当しています。なので、柔軟なキャッシング審査を行ってくれることが多い反面、借入条件を満たせない人では審査に通ることができないのです。

融資までの道のり!銀行、消費者金融で異なる審査を行っている

銀行、消費者金融でキャッシング契約を通して融資を受けることができます。

ですが、銀行、消費者金融ともに信用情報を元にして審査を行っているので、金融機関を通して受けられる融資額というのは、大きく異なることもあるのです。

信用情報とは

信用情報は、正確には個人信用情報機関に登録されている、個人信用情報のことです。

信用情報には、現在までの金融機関から借りた金額、利用回数といった、金融に関する詳細情報がまとめられています。

そのため、銀行、消費者金融によって以下のような違いが生じます。

  • 銀行の融資限度額:500万円~1000万円
  • 銀行の金利:2.0%~15.0%
  • 消費者金融の融資限度額:200万円~500万円
  • 消費者金融の金利:5.0%~18.0%

銀行のほうが、慎重に信用情報を利用し審査を行っているので、無事に審査に通った際には大金を借りられることも、低金利でお金を借りられることもあります。

消費者金融は銀行より柔軟に審査を行っているので、融資限度額、金利額には難がありますが、その代わり収入が少ない人でも審査に通ることが多いのです。

このような違いが今でも存在しているので、キャッシング審査の内容は借入条件によって異なるのです。

キャッシング審査は、金融機関によって異なるという性質があります。

ですが、自分に合った借入条件を意識してお金を借りるようにすると、銀行、消費者金融を区別して、自分好みの融資(借入)を実現することができます。

審査で重要な信用情報!キャッシング審査で欠かせない信用情報

信用情報の補足となりますが、信用情報はスコアリング審査というシステムでも利用されている情報です。

スコアリング審査とは、以下のような審査のことです。スコアリング審査で高得点を得られる人ほど、キャッシング審査に落ちづらく、多額の融資であっても審査に通りやすくなります。
  • 属性を元にして加点を行っていく
  • 信用情報を利用し正確な判断を行う
  • 銀行、消費者金融で利用しているシステム
属性とは

キャッシング審査でも知っている人が増えてきた属性ですが、属性とは審査上のカテゴリです。

例えば、年収、勤続年数、勤続先・・・といった情報を1つずつ属性(カテゴリ)として扱い、加点できるものが見つかった際には、1つずつ加点を行っていくという仕組みになっています。

近年では、キャッシング審査でもスコアリング審査が重要、属性を大事にしたほうが良い・・・と言われています。

このような言われ方が目立っている理由についてですが、属性の評価が高い人であれば、以下の恩恵を受けられることもあるため、属性を大事にしたほうが良いと言われています。

  • 融資可能額が通常より多くなりやすい
  • 金利が通常より優遇されることがある
  • 融資期間が通常より長くなりやすい

嘘をつくと審査に落ちる!キャッシング審査では嘘が通用しない

信用情報を用いたスコアリング審査についてですが、加点ではなく、減点を得てしまうケースもあるので注意してください。

例えば、キャッシング審査で嘘をついてしまうと減点されます。

「嘘がバレなければ大丈夫」・・・と考えてしまう人もいますが、実際は1、2分と経たない間に嘘を見抜かれてしまいます。

先ほどの信用情報は、個人信用情報機関で登録、管理している情報なので注意してください。今では、銀行、消費者金融のほとんどが個人信用情報機関に加盟しています。

つまり、嘘をついても最初に信用情報がチェックされるので、嘘が暴かれないで済む・・・というケースは稀なのです。

金融機関によっては、取引中止、もしくは取引そのものを拒否されることもありますので、嘘をついても得られるものがなにもありません。

信用情報は、銀行、消費者金融のどちらも個人信用情報機関に加盟しているので、どちらの金融機関であっても照会をすることが可能です。

今では、このような背景もあり嘘を含んだ審査申し込みでは、ローン審査に落ちやすくなってしまうので注意しましょう。

審査で通りやすくなる!異なるキャッシング審査にも効果的な方法

キャッシング審査の借入条件についてですが、良く理解していると審査で通りやすくなることもあります。

例えば、業者によってキャンペーンが異なるという事実を知っておきましょう。

数多くの金融機関(業者)では、以下のようなキャンペーンを開催しています。

  • 金利が優遇されるキャンペーン
  • 金利が一時的に0%になるキャンペーン

金利を優遇してくれるのは銀行、金利が一時的に0%になるのは消費者金融のキャンペーンです。

似ているように見えますが、借入条件が異なるので注意してください。銀行は借入条件が変更となりませんが、消費者金融のキャンペーンでは融資可能額が少なくなることもあります。

その代わり、キャンペーン開催中であれば、銀行、消費者金融のどちらでも審査が柔軟なものになりやすいです。新しい契約者を募るためにキャンペーンを開催しているので、このタイミングであれば異なるキャッシング審査でも通りやすくなります。

審査が柔軟なローン!借入条件を見るだけで判断することも可能

キャッシング審査の柔軟さは、借入条件を見るだけで判断することも可能になっています。

具体的には、以下のような借入を認めている金融商品が該当します。

  • 1万円からの融資に対応
  • 長期借入に対応
  • 女性(主婦など)も審査対象者

1万円からの融資というのは、主に消費者金融で販売しているキャッシングに多いです。小額の融資に対応している場合は、審査が厳しくなることが少ないので、借入条件が厳しくないキャッシング審査を探している際に重宝します。

それと、今では銀行であっても長期借入、女性への融資を行っていることが多いです。これらの条件を満たすキャッシング審査であれば、それほど厳しくない審査を通じて、銀行でキャッシング契約を組めるケースが増えているのです。

キャンペーン開催中であれば、通常よりキャッシング審査で通りやすくなります。

その他にも、柔軟な借入条件でキャッシング審査を行っている銀行、消費者金融でも、キャンペーン開催中と同じような審査を受けられるのです。

異なる審査!キャッシング契約時にメリットは存在するのか?

金融機関によって異なる審査を受けた際ですが、メリットが発生することも多いです。

例えば、信用情報に審査で通ったことが登録されるというメリットがあります。

信用情報にキャッシング審査で通った事実が登録されると、以下のような恩恵を受けられるようになるので、近年では審査に通るためのテクニックと評価されることもあります。

  • 他の金融機関でも審査に通りやすくなる
  • 増額融資を受けやすくなる
増額融資とは

融資というのは、キャッシング契約時に融資可能額が設定されるようになっています。

ですが、最初から融資限度額まで借りられるわけではないので、定期的に増額審査を受けなければなりません。しかし増額融資が可能な場合、増額審査を終えている状態で、融資も受けられるという流れになります。

信用情報には信用できる相手であるかどうかも登録されているので、信用できるという情報が多い人であれば、年収がそれほど多くない場合でも、増額融資を受けることが可能になります。

それだけでなく、他の金融機関でもその信用情報を元にして審査を行ってくれるので、全体的に審査で通りやすくなるというメリットも、信用情報を良くする努力をしていると発生しやすいのです。

銀行と消費者金融!異なるキャッシング審査でも使いやすいのは銀行?

ここまで異なるキャッシング審査、信用情報の案内を細かく行わせていただきましたが、信用情報の評価を気にしている・・・のであれば、銀行でキャッシング契約を組むと良いです。

というのも、銀行はカードローン、キャッシングなどでトラブルを起こしていないからです。

そのため、オススメのキャッシング情報などでは、有名な銀行をピックアップしているケースが多いのです。
(⇒おすすめのキャッシング会社情報はこちら

消費者金融では、以下のような問題を過去に起こしている業者も存在するので、銀行、消費者金融のどちらからも融資を受けられるという状況であれば、銀行を利用されたほうが賢明でしょう。

  • 違法金利による融資
  • 無許可営業

これらの問題を起こしている消費者金融は、今でも別名でカードローン、キャッシングの販売を行っています。

基本的に借入条件のようなものが存在しないため、大手の消費者金融と比較すると、借入条件が杜撰(ずさん)なので見抜くことは難しくありません。

ですが、安全に長くキャッシングを利用したい・・・という場合であれば、銀行のキャッシングを選択したほうが無難でしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの借入に必要なものをチェック!

キャッシング審査ですが、銀行、消費者金融で、借入条件が異なるということを理解しておいたほうが良いです。

銀行は細かい借入条件を設定しているため、審査に時間がかかるという問題がありますが、その代わり融資可能額、金利に対して余裕があります。

消費者金融は借入条件が細かくありませんが、融資可能額が少なく、金利も銀行より高いことが多いです。なので、借入条件をしっかりと確認して、自分好みの金融機関でお金を借りるようにしましょう。

必要な時に手軽に現金借り入れができるキャッシングは、とても便利で頼りになるサービスです。でも、キャッシングを利用したことのない人の中には、『難しそう…』『手続きがよくわからない』などのマイナスイメージを持っている方もいるのではないでしょうか? 確かにキャッシングの手続きやシステムは普段の生活からすると少し異質で独特な部分があるのは事実ですが、だからといって決して難しかったり、初めての人だと失敗してしまう…というようなことはありません。 基本的な手続きの...

少額からまとまった金額まで、自身の収入などに合わせて借りることが出来る「カードローン」。 利用したいと思っていても「自分は運転免許証を持っていない」というところで不安になっている方もいるのではないでしょうか。 日本における最大といってもいい身分証明書が運転免許証ですから、持っていないと何かと不便な思いをすることが多いのは事実なんですよね。 しかし安心してください。健康保険証しか持っていない、という方でもカードローンやキャッシングを利用する...

お金を借りる時、様々な手続きが必要です。最近では簡略化されているキャッシングやカードローンも多いのですが、やはり最低限の準備を求められることは確かです。 準備を怠ると、申し込みをした段階で審査に落ちることがほとんどであることをご存知ですか?あれが足りません、これが足りません、と、親切に連絡をしてきてくれるわけではないのです。申し込み前に気を付ける必要がありますね。また、保険証は身分証明書になるの?など、基本的なことも知っておきたいものです。 キャッシン...

以前に金融事故を起こしてしまった!という方もいらっしゃるかもしれません。 カードローンは、以前は暗いイメージを持つ方も多かったのですが、インターネットで気軽に申し込めるようになったり、ATMで気軽にキャッシングができるようになったことにより、私たちの生活により身近なものになりました。 そんな中で借りすぎてしまったり、何らかの理由で返せなくなり、任意整理や個人再生、自己破産など、金融事故を起こしてしまう方もいらっしゃるようです。 金融事故を起こしてしま...

キャッシングの手続きやシステムというのは、他にはあまりない独特のものです。馴染みのない人にとっては難しく感じるかもしれません。 中には、キャッシングを利用してみたいけれど手続きやシステムがよくわからないから不安で踏み切れない…という方もいるのではないでしょうか? もちろん初めてのことには不安はつきものではありますが、キャッシングという便利なサービスを、手続きがわかりにくいというだけの理由でそのまま利用できずにいるのは、とてももったいないことです。 そ...

キャッシングの審査、自己破産をしたらアウトだと思っていませんか?確かに、自己破産をしてしまった後はキャッシングの審査に通ることがかなり難しくなります。 しかし、自己破産後でもキャッシングする方法はゼロではないのです。とは言っても、審査が甘すぎるキャッシング会社はヤミ金である場合がありますから注意しなければいけないのも事実です。 では、自己破産後でも安心してキャッシングするにはどうすれば良いのか、もしキャッシング出来る先があるとすればどう探せば良...

お金に困ってしまって一度キャッシングを利用してみた、という人は少なくありません。しかし、一度きりだと思って利用したキャッシングでも、状況が変わればもう一度利用しなければいけないことが出てくるかもしれませんよね。 そんなとき、特に問題が無ければ以前利用したキャッシング先を再開してみようと考えるはずです。過去に利用した実績があれば、色々と有利になるのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。 しかし、一度利用したキャッシングでも、再度利用するときには審査...

年齢を重ねて行くと、お金について考えることが増えてくることでしょう。今の世の中、年金だけでは厳しい時代。老後のことを思って、今からしっかり対策しておきたいものです。若い頃からしっかり貯金ができていれば問題ないのですが、中々そうもいかないことだってありますよね。 歳を取ってからのお金の問題は深刻です。普段の生活費はもちろんのこと、急な出費にすぐに対応できないこともあるかもしれません。そんな時にはどうすれば良いのでしょうか。 長期的に利用できる便利なシステ...

キャッシングでお金を借りてみたいけれど、手続きに必要なものがわからない…そんな不安から利用に踏み切れない方は案外少なくないのではないでしょうか? キャッシングというとなんとなく難しそう、ややこしそうというイメージが強く、契約の際には様々な書類を用意しなければならないのでは?と思われがちです。 しかし実際には、キャッシングの契約手続きに必要なものは決して多くはありません。むしろ基本的には用意するべきものは非常に少ないと言ってよいでしょう。 ...

銀行や消費者金融にとって、最もお金を貸したくないと思われている人は、自己破産中または近い過去に自己破産を行った人です。自己破産は債務整理の一種で、合法的に借金の返済義務を免れる最後の手段でもあります。 自己破産をすると、その人のそれまでの債務は全て免責になります。借金を返さなくても良くなるのです。しかし、その代償として、自己破産をした後数年間は非常に厳しいペナルティが課せられます。 今回は、自己破産した人がどうしてもお金を借りなくてはいけないと...

1 / 212
新着記事
TOPICS