> > キャッシング会社の審査と年齢の関係について

キャッシング審査と年齢の関係!若い人ほどローン審査で有利?

キャッシング審査は年齢と密接な関係にあります。記事の中では、年齢が若い人ほどどのような恩恵を受けられるのか、そのことを中心とした案内を行っていますので、良ければ参考にしてください。

他にも、高齢者に該当する人物ではどのような審査が行われるのか、どのような人であれば審査に通るのか?についても、詳細の案内を行っておりますので、全年齢に対するローン審査の知識をまとめて学習することもできます。
(⇒65歳以上でもキャッシングはできるの?

満20歳以上から借りられる!現在も年齢制限は変わっていない

年齢制限についてですが、今でも満20歳以上からキャッシングの契約が行えるようになっています。

これは法律で定められているので、今も昔も同じ仕組みとなっています。なので、未成年でもキャッシング審査が可能という金融商品は、まったく存在しないと思ったほうが良いでしょう。

ただし、以下のような金融商品については未成年でも、審査が可能となっているケースも存在します。

  • クレジットカード
  • 自動車ローン

上記の金融商品は、保証人ありであれば融資が可能です。ただし、保証人に安定した収入が無い場合は、審査に落ちてしまうので注意してください。

キャッシング審査の審査基準は、今も昔も安定した収入を基準としています。そのため、収入の増減が激しい人でも、キャッシング審査などに落ちてしまうケースは存在します。

若いと審査に通る?キャッシング審査は年齢以外も評価される

若いだけで誰でもキャッシング審査に通るのか?という質問を、インターネット上で見かけることがあります。

ですが、若い人であれば100%キャッシング審査に通るわけではありません。

というのも、以下のような審査基準を満たせない人では、キャッシング審査に通らない仕組みになっているからです。

  • 収入証明を行える
  • 本人確認を行える

収入証明というのは、収入証明書(給与明細書など)を提出できるのかどうかという意味です。そして、本人確認というのは、本人が所有している電話(固定電話、携帯電話など)を通じて、確実に電話連絡できるのかどうかの確認が行われます。

これに加えて借入希望額のチェックも行い、問題ない相手であればキャッシング審査が進むようになっているのです。つまり、年齢だけで100%キャッシング審査に通るという事例は存在しません。

高齢者の借入!返済能力を有している人は借入が可能

銀行、消費者金融でも高齢者にたいして融資を行っています。

  • 銀行:満65歳以内までが審査の対象
  • 消費者金融:満70歳以内までが審査の対象

借入、返済というのは、基本的に返済能力のチェックが必ず行われる仕組みになっているので、高齢者であっても返済能力を有している人であれば、問題なく審査に通ることがあります。

ただし、今では完全に収入を得ていない状況であったり、借入件数が多いと判断される人では審査に通りません。

年齢は、若ければ若いほどキャッシング審査で良い評価となります。

ですが、銀行、消費者金融では、高齢者であっても返済能力を前提とした審査が行われるため、安定した返済が可能な相手であれば、高齢者でもキャッシング審査に通ることはあります。

具体的な年齢制限!銀行、消費者金融で年齢制限は違う

年齢制限についてですが、大手以外の中小の銀行、消費者金融では大きな差が発生することもあります。

というのも、中小の銀行では満60歳以内で制限をかけていることが多く、中小の消費者金融では、満65歳以内で制限をかけていることが多いからです。

ただし、大手の銀行、消費者金融であれば、それほど年齢制限が厳しくありません。

そのため、今では多くの高齢者が銀行、消費者金融で相談を行っているのです。

相談次第で借りられる!金融機関が相談を行っている理由

融資というのは、審査基準を満たせない人でも相談次第で審査に通ることがあります。

銀行は厳しいキャッシング審査を行っていると言われていますが、銀行でも相談そのものは対応可能となっています。

なぜ、相談次第で審査に通ることもあるのか?というと、それは以下の条件を満たせる人物も存在するからです。

  • 金利設定の高い金融商品で契約できる
  • 長期ローンに対応できる

上記のような条件付きのキャッシングも存在するので、高齢者であってもキャッシング審査に通るケースは存在します。

昔に比べて、今では銀行も消費者金融の審査基準を見習うケースが増えているので、重要なのは安定した返済に望めるか・・・なのです。そのため、金利設定の高い金融商品でも、長期ローンで返済が可能という相手であれば、相談次第で審査に通ることもあります。

中小の銀行、消費者金融では年齢制限が厳しい設定になっていることもあります。大手では、このような厳しい年齢制限が少ないため、今では大手を優先して利用している人が増えているのです。

さらに、しっかりとした相談を行っておくだけで、高齢者がキャッシング審査に通るという事例も存在します。

担保・保証人は無意味?今ではほとんどの業者が必要としていない

担保・保証人についてですが、今では担保・保証人ありのキャッシング審査が減っています。

その理由ですが、今では保証会社を通じてキャッシング審査が行われるからです。

保証会社とは

ローン審査時の審査、契約の手続きを担当している会社を保証会社と言います。

保証会社は消費者金融、信販会社で多い状況となっているため、今ではほとんどのローン審査を、消費者金融などが行っている状況です。

保証会社ありのローン審査では、担保・保証人が不要となっています。

つまり、大きな融資を申し込むようなケースでない限り、担保・保証人を求められることもなく、安全にキャッシング審査を終えられるのです。

担保の意味があるローン!こんなローンでは担保を要求される

担保についてですが、担保を求められるローンそのものは今でも存在します。

例えば、自動車ローンなどが該当しますが、こちらは担保・保証人を意図的に付けてから、審査を進めるということも可能です。

ただし、自動車ローンの金額によっては不要と判断されることが多いです。

なので、担保・保証人が必要となりそうか・・・については、事前に業者と相談しておき、必要、不要の判断を先に済ませておいたほうが良いでしょう。

保証会社の影響もあり、今では担保・保証人が不要なキャッシング審査が増えています。

ただし、大きな融資を受ける際は担保・保証人が必要となるので、どのような金融商品であっても、担保・保証人を求められないというわけではありません。

年齢とローン審査!他の融資でも審査の対応は同じ?

キャッシング審査以外のカードローン、クレジットカードについてですが、こちらも年齢制限は存在すると思ったほうが良いです。

というのも、各金融商品に対して年齢制限が存在するからです。

  • キャッシング:満20歳以上、満65歳以内
  • カードローン:満20歳以上、満60歳以内
  • クレジットカード:満18歳以上、満60歳以内

上記は一般的な年齢制限です。業者によっては、上記と異なる年齢制限を設けていることもあります。

キャッシングは、カードローン、クレジットカードとは違い、年齢制限に余裕があるという強みがあります。また、キャッシング、カードローンの融資限度額には大きな差がありません。

なので、年齢制限を理解して安全な借入を実現したいという場合は、優先してキャッシング審査の申し込みを行ったほうが、堅実な借入になるケースが多いでしょう。

こんな人は優遇される!キャッシング審査で評価されやすい人

キャッシング審査は、年齢以外に対しても審査を行っています。

例えば、職業、勤続年数もしっかりとキャッシング審査ではチェックされています。

そのため、以下の条件をすべて満たせる人物であれば、キャッシング審査で高い評価を得られることもあるのです。

  • 職業:公務員、大手企業で勤務
  • 勤続年数:1年以上

銀行は上記のような条件を満たせる人を評価しています。ただし、消費者金融は職業などを細かくチェックしないため、パート、アルバイトでもキャッシング審査に通ることがあります。

近年では、専業主婦に対してキャッシング審査を行っている消費者金融も存在します。なので、職業、勤続年数に自信がないという人は、まず消費者金融でキャッシング審査を受けてみると良いでしょう。

【参考ページはこちら】
キャッシングで借りられるのは18歳から?

キャッシング審査は、年齢と密接な関係にあります。

ですが、高齢者では年齢的に融資を受けられないということはなく、高齢者でも、銀行、消費者金融から融資を受けられる時代となっています。

ただし、借入件数が多いなど返済に問題がある、もしくは年齢制限上で融資が難しくなるケースもあるので、利用前に業者と相談をしておいたほうが、安全にお金の借入を行えるようになるでしょう。

一般的に未成年の方はキャッシングを利用することができません。満20歳以上を利用対象をしているキャッシングが多いので、年齢がまだ19歳の場合は借り入れをすることは認められていないのです。 けれども「19歳だけどキャッシングをしたい!」という方もいらっしゃいますよね。では、実際に19歳のみなさんがキャッシングでお金を借りることがはできるのでしょうか? ここでは19歳でもキャッシングをすることはできるのか?その現実について見ていきたと思います。現在未成年でキ...

カードローンを利用できる年齢はあらかじめ決められています。基本的には成人していなければ借り入れをすることはできませんし、年齢上限もルールとして決まっているのです。 (こちらもご参考に→キャッシングの年齢制限を教えて!) そのため、65歳以上の方の場合、カードローンを利用することができないケースもあるので注意が必要です。高齢者になるにつれて、金融業者で利用できる可能性が低くなるんですね。 けれども、65歳以上の方でもお金を借りられる可能性はあります。もち...

高校を卒業すると交友関係も増えていき、付き合いも増えていきますよね。大学で知り合った方や就職先で知り合った方等、付き合いをしていく上で必要になるのは「お金」です。 また、学生であれば学費や教材費が必要になったり、社会人であればスーツが必要になったり、出費も多く金額も高くなっていきますよね。そんな時にキャッシングができると便利なのですが、未成年者であると借りられないことがあります。 ここでは、未成年ではキャッシングがしにくい理由や十代でも借りられるキャッ...

一昔前に比べるとカードローンのイメージは大きく変わりました。キャッシングは手軽で便利になり、男女問わず、また年齢に関係なく多くの人が利用しています。 多くの人が利用するようになりましたが、キャッシングには年齢制限があり、誰でも借入できるわけではありません。 借入先を選んだら、申込資格を確認します。申込資格は借入先によって異なりますが、絶対に欠かせないの安定した収入があることと年齢制限です。 安定した収入があっても年齢制限をクリアしないと申込ができませ...

18歳というのは多くの人にとって大きな節目になる年です。大学に行ったり、就職して社会に出たりと進む道は様々ですが、いずれにせよ環境が少なからず変わる人が大半ですよね。 どのような場合にも共通していえるのは、生活費や交際費など様々な理由でそれまでよりも出費が多くなる可能性が高いということです。時には、手持ちのお金では足りなくなってしまうこともあるかもしれません。 そんな時、キャッシングのような現金借り入れができるサービスを利用できないかと考える人もいるで...

近年の日本は高齢化社会と言われて久しく、いくつになっても元気で働かれている方が多いですよね。 それに、セカンドライフと称して、定年してから習い事などにチャレンジしたり、旅行に出かけたりなど人生を謳歌されている方もたくさんいらっしゃいます。 お孫さんに関する出費も増えてくる頃ではないでしょうか? そんな中で、高齢の方の中にもキャッシングをしたいなと思う場面があるかもしれません。 (⇒年齢が高いとキャッシング利用しにくい?) 果たして70代になってもお...

人間、お金をたくさん使ってしまう時って結構あるんですよね。 特に若い時は、欲しいものもたくさんあり、どうしても散財してしまう傾向にあります。 そんな時、気軽に使うことができる、キャッシングカードを持っていたら便利だと思いませんか。 お金をたくさん使う機会が多い人ほど、キャッシングカードは便利に利用できる筈です。 しかし、キャッシングカードはほとんどの場合、年齢制限があるのが現実です。 それでは誰でも利用できるキャッシングカードは存在するのでしょう...

消費者金融でのキャッシング、最近では来店不要、即日融資可能という使い勝手の良さが魅力となっていますので、いざというときに利用したいと考えている人は少なくないかもしれません。 しかし、キャッシングは誰でも出来るわけではなく、申し込み条件をクリアする必要があるのです。どの消費者金融でも共通している申し込み条件に、年齢制限があります。 未成年では消費者金融を利用することは出来るのか、年齢制限以外にどのような条件があるのか、消費者金融を利用する以外にもキャッシ...

お金が必要になる時はいきなり訪れたりするものです。 急な冠婚葬祭や、ちょっとした家のリフォームなど、突発的にお金が必要になってしまうことって結構あるんですよね。 いざという時は、カードローン会社に申し込みたい所ですが、高齢になるとなかなか貸し付けてくれるカードローン会社を探すのは非常に難しくなってきます。 70歳以上になるともっと難しく、そもそも貸付を行っているカードローン会社は皆無に等しいと言われています。 しかし、実はそんな事は無いんですよ。 ...

18歳になると、色々なことができるようになります。まだ未成年でも選挙権を行使できたり、自動車免許の取得もOKになりますね。次に気になるのはお酒や煙草といった、大人の嗜みですが、中にはお金について興味を持つ人もいるでしょう。 大学や専門学校、そして社会人になると、今までよりもお金が必要になることが多く、時には手持ちのお金だけでは足りなくなるかもしれません。そうなると、キャッシングやカードローンを考えてみるのではないでしょうか。 そこで気になるのは年齢です...

1 / 212
新着記事
TOPICS