> > > モバイルで申込めるキャッシングが増えてきた!そのメリットとは

モバイルで申込めるキャッシングが増えてきた!そのメリットとは

キャッシングを申し込むときはどうしても店頭窓口に行かなければいけない、店頭で担当者と確認しつつ進めなければいけないというイメージがあるかもしれません。それが確実な方法であることは間違いありませんが、店頭窓口に行くということを好ましく思わない人もいるでしょう。

最近では、モバイルで申込めるキャッシングというのも増えてきました。ネット環境が普及したことも要因になるのでしょうが、モバイルでのキャッシングがどうして増えてきたのか、そのメリットは何なのでしょうか。

いつでもどこでもOK!モバイル申し込みのメリット

モバイルでキャッシングの申し込みができることにはいくつかのメリットがあります。

  • 時間や場所を選ばない
  • 人目を気にする必要がない
  • 担当者と顔を会わせずに済む

一番大きいのは文章時間や場所を選ばず空いた時間に申し込みができるという点でしょう。

店舗窓口でキャッシングするとなれば、どうしても窓口の空いている営業日・営業時間に行かなければならないということになってしまいます。モバイルでの申し込みは多くが24時間365日オーケーとなっているのです。

仕事の休みの日、深夜、早朝関係なく申し込むことが可能ということになりますから、休みが不定期な人も少なくないでしょう。この点は大きなメリットだと言えますね。

担当者と直接顔を会わせたくない、窓口で申し込むところを見られたくない、店舗に出入りするところを見られたくないという人にとって、インターネットの電波が入るところならどこでも申し込むことができる点はメリットですね。

キャッシングの利用を皆に知ってほしい!ばれてもかまわない!そういう人は少数派でしょう。キャッシングをするなら内緒でこっそり利用したい、そう考えれば申し込みも誰にも知られないように、見られないようにする必要がありますよね。

そんなとき、モバイルでの申し込みができれば安心して申し込むことができるわけです。このようなメリットが魅力的で利用希望者が増えていることも、キャッシングのモバイル申し込みが増えてきた要因になっていると言えるでしょう。

モバイル申し込みの最大のメリットは、時間や場所を選ばずに自分のタイミングで申し込みができるということなのですね。そして、担当者と顔を合わせることなく申し込みができるというのも嬉しいポイントです。

キャッシングは、誰にも知られずに行いたいと考えている人が多いはずです。だからこそ、外出する必要なく、誰とも会うことなく申し込みができるモバイル申し込みは、多くの人に魅力となっているようですね。

モバイル以外にもある!多彩な申し込み方法

キャッシングの申し込み方法はモバイル申し込み、店頭窓口での申し込みだけではありません。他にも多彩な申し込み方法があるんです。それぞれの申し込み方法の特徴を見ていきましょう。

申し込み方法 特徴
電話 担当者の営業時間に申し込む必要がある
心配なことがあれば質問できる
郵送 自分の都合が良い時に申し込み可
書類の到着、返送等の日数がかかる
パソコン 24時間、365日申し込み可能
モバイルと同様のメリットを持つ
FAX 24時間申し込みOK
審査結果連絡が郵送になると
日数がかかってしまう
自動契約機 店頭窓口よりも営業時間が長く
祝日・夜間も利用できる場所がある
必要書類を準備しておく必要がある

それぞれの申し込み方法にメリット・デメリットが存在します。

それを十分理解した上でどの申し込み方法がベストなのかを決めるといいですね。

キャッシング先によって申し込み方法が違う!?

キャッシングと聞くと、どうしても消費者金融をイメージする人が多いかもしれません。しかし、キャッシングをする先はいろいろあります。

  • 金融機関
  • 消費者金融
  • クレジットカード

金融機関のキャッシングを利用する最大のメリットは、総量規制の対象外という点にあります。年収の3分の1を超える借り入れも、信用に応じて可能となるのです。

消費者金融は、個人のキャッシングとして有名ですよね。特に、カードローンは担保や保証人不要で利用できますので、多くの人に利用されています。

キャッシングと聞いてまず思い浮かばないのが、クレジットカードではないでしょうか。クレジットカードはショッピング枠を利用して買い物をするイメージが強いかもしれませんが、クレジット枠を利用すればキャッシングも可能です。

クレジット機能付きのカードを利用するためには、クレジット枠を別途申し込む必要があります。こちらも、総量規制の対象とはなりますが、カード1枚でショッピング、キャッシング利用が出るメリットがありますので、ぜひ検討してみましょう。

金融機関、消費者金融、カード会社によって、申し込み方法は異なります。ネット審査申込が可能な場合もあれば、店頭のみ、電話のみの対応となっている場合もあるのです。金融機関であれば、金融機関設置のATMで申し込みができる場合もあります。

また、携帯電話等のモバイルとスマートフォン、パソコンからの申し込み手順が異なるケースもあります。どのような申込方法があり、どのような手順が必要となるのか、しっかりと確認しておくようにしましょう。

キャッシングの申し込みは、モバイル以外にも多くの方法があるのですね。郵送、FAX、自動契約機、自分の都合に合わせて選ぶと良いですね。

24時間申し込みができる方法、日数がかかってしまう方法、時間が制限されている方法、その申し込み方法ごとの特徴をしっかりと把握しておくようにしましょう。

利用と返済の方法も1つじゃない!便利な使い方とは

申し込み方法にも色々あるように、キャッシングの利用と返済の方法も様々です。そして、こちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。どのような方法があるのか、簡単に紹介しましょう。
(⇒カードローン最速の申込み方法はこちら

利用方法は大きく以下の3つの方法があります。

  • キャッシングカードを使ってATMを利用
  • 自分の指定口座への振り込み
  • 店頭窓口での受け取り

キャッシング=カードでの利用というイメージを持つ人も多いでしょうが、最近では自分の指定口座に希望金額を振り込んでもらうことができるキャッシングも増えてきました。

直接振り込んでもらうキャッシングであれば、カード管理の必要がなくどこにいても間接的にキャッシングすることが可能だというメリットがあります。

店頭窓口での受け取りという方法を取り扱っている銀行、大手消費者金融は現在ほとんどなく、小規模の消費者金融が行っていることが多いですね。直接現金を受け取ることが出来るという方法に対して安心する、確実であるというメリットを感じる人もいるようです。

返済方法も1つじゃない!代表的な3つの方法とは

返済方法は大きく3つあります。

  • ATMでの振り込み返済
  • 口座からの自動引き落とし
  • 銀行等の金融機関からの振り込み

このうち、口座からの自動引き落としであれば毎月返済日に指定額を自動で引き落としてくれるので、延滞する可能性が低くなっています。ここで注意しなければいけないのは、口座の残高が返済金額よりも多くなければいけないという点ですね。口座残高がいくらあるか、意識しておくようにしましょう。

自動引き落としを希望する場合は、そのキャッシング先が指定している金融機関の口座を持っている必要がある場合もあります。

指定金融機関の有無も確認しておくと良いでしょう。モバイルで申し込みをする際には、利用方法や返済方法についても、その内容を確認し、メリットとデメリットを理解しておくようにしたいですね。

キャッシングの利用・返済は、発行されたローンカードを用いて行うイメージがありました。しかし、ネットでの借り入れや返済、口座振り込みや口座からの引き落としといった方法も洗濯できる場合があるのですね。

利用・返済方法はキャッシング先によって異なるようです。自分が希望しているキャッシングがどのように利用できるのか、しっかりチェックしておきたいですね。

キャッシングを申し込む前にチェックしたい重要ポイント

キャッシングを申し込む前に、色々と調べておきたい、確認しておきたいポイントがあります。

利用条件や申し込み方法、利用方法、返済方法を事前にチェックしておくことはもちろんですが、それ以外にも正規の貸金業者なのかどうかをチェックしておくことは非常に重要なのです。

キャッシング会社は非常に多くの数があります。テレビで目にする様な大手のキャッシング会社であれば心配することはありませんが、知名度の低い、その地域のみで営業しているようなキャッシング会社もあるわけですね。

そういうキャッシング会社は大手のキャッシング会社と比較すると審査が甘く借入れしやすい特徴があります。

それは大手よりも良い条件にしなければ利用者を獲得できないという面もあるのですが、大手の審査に落ちてしまうような状況にある人が利用したいと思う事も多いので、どうしてもお金を貸すにあたってリスクが生じてしまいます。

返済能力に多少なりとも不安があるという事にあるでしょうからね。利用金利を高めに設定しているので返済負担は大手に比べると大きくなってしまいます。

それだけではなく、他に断られてしまったけどどうしても利用したいと思う弱みに付け込んだ違法業者も少なくないのです。違法業者は簡単にお金を貸してはくれますが、違法な高金利でお金を貸しています。

ますます返済が苦しくなりますが、返済を待ってはくれません。厳しい状況に追い込まれてしまうでしょう。知名度の低い中小のキャッシング会社の利用を検討するのであれば、正規の貸金業者なのか、違法業者ではないのか、確認しておくことが重要なのです。

正規の貸金業者を見極めるポイントをチェック

正規の貸金業者は貸金業登録を行っています。この登録なしで営業することは違法ですから、そういう業者は決して利用してはいけません。正規の貸金業者であれば以下の点が確認できるはずです。

  • 貸金業登録番号がある
  • 固定電話番号が表記されている
  • 住所が示されている

他にも貸金業取扱主任者の資格を持つ人を配置しなければいけない、純資産を5,000万円以上要しなければいけないなどの条件があります。これらを満たしていなければ貸金業として登録し、営業することは出来ないのです。

正規の貸金業者であれば貸金業登録をしています。登録番号があるか、固定電話番号は記載されているか、この2点について最低限確認しておくと安心でしょう。

ただ、登録番号を詐称している、住所を偽っているような悪質なところがないわけではありません。

金融庁のホームページには貸金業者が全て記載されているリスト、登録されているデータベースがあります。

誰でも無料で閲覧可能ですので、そこをチェックしてみるのも良いでしょう。

また、同様に違法業者、登録番号詐称業者の情報も各財務局がホームページで公表しています。少しでも疑いがある、不安があればチェックしてみるようにしたいですね。

【参考ページはこちら】
キャッシング初心者向けスタートガイド

便利なキャッシングですが、利用や申し込みが簡単ということでむやみに手を出しては違法業者に引っかかってしまう恐れもあるのですね。キャッシング先が正規の業者なのかどうか、確認するようにしておきましょう。

金融庁のホームページに、簡単に正規業者を確認できるデータベースもあるようです。無料で誰でも利用できるようですから、一度確認してみると良さそうですね。

新着記事
TOPICS