> > > キャッシングで車を買うのはアリ?見比べたいローンの方法!

キャッシングで車を買うのはアリ?見比べたいローンの方法!

何か欲しいものができたときや、生活費やお付き合いのための費用がちょっと足りない時、節約してお金を貯めることができれば最善です。しかし、日々の生活にもお金が必要な中、貯金が難しいこともありますよね。

そんなとき、キャッシングを利用するのもひとつの手段です。使い道自由で利便性の高いキャッシングは、何を買うにしてもとても助かるものです。しかし、買いたいものが車だった場合はどうでしょうか。

自動車専用のローンもありますが、使い道自由のキャッシングと、どちらがお得なのでしょうか?今回は、その辺りをじっくりと考察してみましょう。

まず知っておこう!キャッシングと目的別ローンは何がどう違うの!?

車を買う時に利用できる目的ローンと言えば、カーローン。「自動車ローン」「マイカーローン」「オートローン」など商品によっていろんな呼び方がありますが、自動車専用ローンであるという点ではどれも同じです。

このカーローンについて見ていく前に、まずはキャッシングと目的別ローンの違いを知っておきましょう。

目的別ローンとは?

これまでに大きなお買い物をする機会がなかった方の中には、ローンといえばCMなどでよく見かけるカードローンをイメージする方も多いかもしれません。しかし、世の中には実に様々なローンがあり、目的別ローンもそのカテゴリーのひとつです。

目的別ローンには、以下のようなものがあります。

  • 住宅ローン・不動産ローン
  • 教育ローン
  • 自動車ローン
  • リフォームローン
  • ブライダルローン
  • トラベルローン
  • 医療費ローン
このように、まとまったお金が必要になるときに利用されるのが、目的別ローンなのです。目的別ローンは、消費者金融系でも取り扱いがあるところもありますが、基本的には銀行や信用金庫などの金融機関が中心となって扱っている商品です。

カードローンと目的別ローンの違いとは?

最近では、カードローンも最大限度額が大きくなってきていますし、住宅ローン以外の目的別ローンであれば、属性によっては同じ金額を借りることも可能です。

それでは、よくあるキャッシングやカードローンと目的別ローンには、いったいどんな違いがあるのでしょうか?以下の表にまとめてみました。

カードローン 目的別ローン
・原則として使い道自由
・必要書類が少ない
・金利が高い
・審査結果回答や融資までがスピーディ
・限度枠の範囲内で何度でも借りられる
・目的以外には使えない
・必要書類が多い
・低金利
・融資までに時間がかかる
・一度に全額を融資される

主な違いはこのような点です。カードローンは使い道自由で、申し込んだらすぐに利用できるというところはとても便利なものですが、一方で金利が高く、借り過ぎないようにする自制心も必要です。

そして目的別ローンは、家や自動車など購入したいものがある場合に、それに応じた融資金額が得られるものというわけですね。

目的別ローンは、その目的にしか使えないものということですね。

カードローンやキャッシングは、事業性資金以外なら原則として使い道自由なので、もちろん自動車購入に使うこともできます。しかし、金利が高いことや、自動車以外にも使えるため借り過ぎてしまうリスクがあるわけですね。

その他、目的ローンのように一度にまとまった融資額が得られる一方で、使い道は自由というフリーローンもあります。これは、金利も限度額もカードローンと目的ローンの中間的存在と言えます。

実際どれくらい違うの?同一業者で比較&審査基準もチェック!

前章では、キャッシングと目的別ローンの違いについてお話しました。また、目的別ローンの取り扱いは、銀行系が主流であることもお伝えしました。

そして、多くの金融機関ではカードローンと目的別ローンの両方を取り扱っています。そこで、実際のところどのように違うのか、同一業者内でカードローンと自動車ローンの比較をしてみたいと思います。

カーローンとキャッシングの比較

いくつかの金融機関や消費者金融を例にとり、実際の自動車ローンとキャッシング商品を、金利と限度額について比較してみましょう。

業者名 カードローン 自動車ローン
住信SBIネット銀行 1,000万円、1.89%~7.99% 1,000万円、1.775%~3.975%
三井住友銀行 800万円、4.0%~14.5% 300万円、4.475%
アイフル 500万円、4.5%~18.0% 100万円、13.0%~17.0%
長野信用金庫 500万円、5.5%~14.5% 1,000万円、3.925%

住信SBIネット銀行以外は、両者のローンで最大限度額が違うため、どちらの金利がお得かは単純比較できません。しかし、詳しく比較してみると、同じ金額を借りるならば、カーローンの方がお得になるところがほとんどです。

たとえば三井住友銀行カードローンで、自動車ローンと同じ金額の300万円を借りるとすると、8.0%~10.0%の金利が適用されます。自動車ローンの4.475%というのが、いかに低金利かが分かりますね。

カーローンは総量規制対象外!

消費者金融や信販系でキャッシングを利用する場合、借入額は年収の1/3以内でなければならないという「総量規制」の縛りを受けます。上記のアイフルなら、最大限度額の500万円を借りようと思ったら、1,500万円以上の年収が必要というわけです。

しかし、自動車ローンは総量規制の対象外となっていますので、返済能力さえあれば年収にかかわらず、大きめの金額を借りることも可能です。

また、銀行系ならカードローンであっても総量規制対象外なのですが、自動車ローンよりも低金利で借りるには、かなり大きめの限度額が必要となります。

たとえば、三井住友銀行カードローンで下限金利が適用されるには700万円以上の限度額が必要で、その時初めて自動車ローン並みの金利となります。総量規制対象外とはいえ、700万円の限度額を得るのはそう簡単ではありません。

これらの事情を総合的に考えれば、やはり車を買うなら自動車ローンを選んだ方が良いでしょう。

少なくとも、あえてカードローンで自動車を購入するメリットはないと言えます。

自動車ローンの審査基準

車を購入するならカーローンが良いことは、ご理解いただけたかと思います。でも、自動車専用ローンはカードローンと比べて、審査基準が厳しいのでは?と心配な人もいるかもしれませんね。

実際のところ、カードローンとそれほど大差があるわけではありません。カードローンの審査と共通する部分も多いですが、自動車ローンの審査に関して注意すべきことをご紹介します。

  • 安定継続した収入が不可欠
  • 滞納・債務整理・自己破産など個人信用情報に問題があると借りられない
  • 勤続年数が短いと不利になる
  • 契約書や見積書など使途を証明する書類が必要

銀行系を中心に、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば利用できるカードローンもありますが、自動車ローンは本人に安定収入があることが条件となります。

また、カードローンに比べて勤続年数にじゃっかん厳しい傾向はあるようです。(こちらもご参考に→車のローン審査についてもっと詳しく!

同じ金額を借りるなら、自動車ローンの方が低金利で借りられる商品がほとんどです。また、カードローンは最初から大きな限度額はもらえないのが普通ですし、頭金程度しか借りられないこともあり得ます。

このようなことを考えれば、車の購入にあたって、自動車ローンとカードローンのどっちがお得かということについては、圧倒的に自動車ローンに軍配があがると言えますね。

車種は決まった?ディーラーローンなど様々な商品を上手に活用しよう

では最後に、実際の自動車ローン商品をご紹介します。一般的な自動車ローンから、ディーラーローンやちょっと変わった商品まで、いろいろな方法がありますのでご参考にしてくださいね。

関西アーバン銀行のマイカーローン

大阪に本店を置く関西アーバン銀行は、とても低金利なマイカーローンを取り扱っています。来店不要で申し込みから契約までができますので、関西圏以外の方もぜひチェックしてみてください。

項目 内容
限度額 50万円以上1,200万円
金利 ・2.70%~3.80%(変動金利)
・2.95%~4.05%(返済期間が5年以内の固定金利)
・3.10%~4.20%(返済期間が5年超の固定金利)
申し込み条件 ・満20歳以上満65歳未満の人
・安定継続した収入がある人
・保証会社の保証が受けられる人
必要書類 ・運転免許証などの本人確認書類
・車検証
・返済引き落とし口座の通帳

上記は通常の金利ですが、住宅ローン利用中の人や、株式会社関西クレジット・サービスのVISAカード会員の人には、金利の優遇があります。さらに、キャンペーンが実施されているときは、かなりお得な金利で借りることも可能です。

インターネットから来店不要で申し込めるため、カードローン並みの利便性とも言えますね。

ディーラーローンも検討してみよう

ここまでは、銀行ローンや消費者金融のキャッシングを中心にご紹介してきましたが、自動車を購入する際のローンには、その車を売る販売店が取り扱うディーラーローンというものも存在しています。

中でも、日産自動車には「残価設定型クレジット」というちょっと変わったローンがあります。これは、5年後の買い取り保証額(残価)をあらかじめ設定し、残価を差し引いた金額についてローンを組むというものです。

5年経ったら、その車の買い取りまたは返却、および新車への買い替えの3種類から、好きな方法を選択できます。

残価がある分、月々のローン返済額が少なく済むため、よりグレードの高い車を購入できる可能性が出てきます。日産の全車種が対象になっていますので、日産の車をご希望の方は検討してみる価値がありそうです。

カーローンは、やはり消費者金融系よりも銀行系にすぐれた商品が多いようです。メガバンクも悪くありませんが、地元の信用金庫などに意外とお得なマイカーローンがあったりするので、よく探してみることをおすすめします。

それ以外なら、やはり上記にご紹介したようなインターネットで申し込めるカーローンが低金利でお得ですね。

また、日産の残価設定型ローンのような自動車ならではの買い方があるのも、知っておきたい情報ですね。月々の支払額が少なくなる以外にも、5年後の車の査定額が保証されているというメリットもありますよ。

キャッシングも使えるけど、車を買うならやっぱり専用ローンがお得!

自動車購入にあたって、現金一括で買えれば問題ないのですが、なかなかそうはいかないことも多いですよね。そんなとき、一般的なキャッシングで購入するか、カーローンを組むか迷ってしまう人も多いと思います。

しかし、限度額や金利などを比較した結果、やはり自動車には自動車専用のローンが良いということをお伝えしました。

自動車専用ローンの中にも、銀行ローン、消費者金融のキャッシング、ディーラーローンなど様々な種類がありますので、希望車種や購入にかかる費用などをよく考慮して、ご自身にぴったりのものを選んでくださいね。

【参考ページはこちら】
キャッシング履歴は車のローン審査に影響する?

自動車を買うなら、カードローンよりもやはり自動車ローンが適切ですね。金利や限度額といった実用的な部分ではもちろん自動車ローンがお得ですし、ディーラーローンなども含めれば選択肢の幅も広がります。

カードローンに比べれば、自動車ローンの審査は多少慎重になります。車を持つということは維持費も含めて継続的に出費が増えることになるわけですから、本当にそれに耐えうる収入がある人なのかを問われる以上、それもやむを得ません。

審査が不安な人は、ご自分のクレジットヒストリーを信用情報機関に照会してみるなど、できるだけの手を打ってから申し込むといいでしょう。

新着記事
TOPICS