> > > 初めてのキャッシング!不安な人にお薦めな業者とは

初めてのキャッシング!不安な人にお薦めな業者とは

初めてキャッシングをしようと思ったら、キャッシング先の多さにどこに申し込めば良いのか迷ったり、不安になったりしますよね。ここでは、そんなキャッシング初心者が知っておきたい情報を紹介していきます。

まずは消費者金融や銀行カードローンの特徴を紹介し、安心して申し込みができる理由を見ていきます。そしてキャッシングを選ぶ時にはチェックしておきたい、金利や返済方法も紹介していきますので、キャッシングについてしっかり理解していきましょう。

知っておきたい!消費者金融の特徴

「キャッシングをしよう!」と思った時に、一番最初に思い浮かべるのが大手消費者金融ではないでしょうか。テレビCMや雑誌等の広告で目にする機会もありますよね。目にする機会が多ければ多いほど頭の中に残り、実際に困った時には思い出しやすいものです。
(⇒おすすめのキャッシング会社情報はこちら

消費者金融とは

それでは消費者金融とは、どういうところなのかと言えば、国や都道府県に届出を出して許可を受けて貸金業の営業しているところを、消費者金融と言います。

許可を受けずに貸金業の営業をしているところは違法業者と言われ、いわゆる闇金となります。

そのため許可の有無が非常に大切になるのです。それでは、その許可の有無を知っておく必要がありますね。許可を受けているのかどうかを知らなければ、違法業者から借りてしまう可能性もあるのです。

実は、許可の有無の見分け方は非常に簡単で、登録番号を見ると良いのです。
(⇒危険なキャッシング業者に気をつけて!

消費者金融 登録番号
アコム 関東財務局長(11)第00022号
アイフル 近畿財務局長(11)第00218号
フクホー 大阪府知事(04)第12736号
セントラル 四国財務局長(6)第00083号
各社のホームページ上には、必ず登録番号の表示がありますので、確認をしましょう。登録番号の表示があると安心して借入れができますよ。

消費者金融は貸金業者ですので、お金を貸すことを営業目的としています。

そのため借入れまでの審査時間が30分とスピーディのところも多く、利用しやすさが特徴ですね。

審査には在籍確認あり!

審査時間はスピーディとなっていますが、在籍確認も行っています。在籍確認とは申告している勤務先に本当に勤務しているのか確認する作業になります。

審査方法は、勤務先へ電話となります。申告してある勤務先の電話番号へ、キャッシング会社のスタッフが電話をかけ、「○○(スタッフの名前)と申しますが、○○(申込人)様をお願いします」と言います。

この時、キャッシング会社のスタッフは個人名を使いますので、勤務先へキャッシング会社の名前が分かることはありません。キャッシングは個人情報となりますので、キャッシング会社の方でも借り入れしようとしていることがバレないように、工夫しているのです。消費者金融の特徴をまとめると以下になります。

  • 登録番号のあるところが正規の消費者金融
  • 審査時間がスピーディ(最短30分)
  • 審査には在籍確認あり(バレない配慮あり)
初めてのキャッシングでは、テレビCMでもお馴染みの消費者金融を思い浮かべる方も多いです。

消費者金融では、最短30分で審査結果が出て、即日融資も可能なところもあるため、利用しやすいのです。

審査には在籍確認もありますが、会社名は名乗らない等の工夫があるため、安心して受けることができます。

登録番号のあるところでキャッシングをすると、正規の消費者金融ですので、不安なく利用できるのです。

意外に知らない!銀行カードローンの特徴

意外に知らないのが、銀行にもカードローン商品があるということです。銀行と聞くと、お金を預けて引き出す・給料を受け取る・公共料金の引き落としに利用する等だけだと思っていませんか?銀行カードローン商品も充実した内容となっていますよ。

銀行カードローンの商品内容

銀行カードローンの商品内容は、銀行によって異なります。

その特徴としては、低金利だったり、給与振込みの利用で金利の引下げがあったり、自動融資があったり様々です。

特にこういった特徴は地方銀行に多いですので、今利用している銀行のカードローン商品をチェックしてみると、意外にお得だったりしますよ。

銀行 サービス内容
千葉興業銀行 住宅ローン利用中で、新規申込みなら表示金利から1.0%引き
京都銀行 自動融資サービスで残高不足をカバー

京都銀行のように、自動融資サービスのあるところは多いです。自動融資サービスがあると、公共料金の引き落とし日やクレジットカードの支払い日を忘れていて、入金し忘れた場合でも自動で融資をしてもらえるので、残高不足になる事がありません。

ただし、地方銀行ですので利用出来る方が営業エリア内であることが条件になっているところも有ります。そして各銀行によってサービス内容が異なりますので、しっかり商品概要をチェックする必要がありますよ。

銀行カードローンでも在籍確認あり

消費者金融では、審査無いように在籍確認があることを紹介しましたが、銀行カードローンでも在籍確認はあります。ただし、小額の申し込みであったり、他の取引等で既に銀行と信用関係が築けている場合は、勤務先への在籍確認ではなく、携帯電話等に連絡し、申込人と契約内容の確認になる場合もあります。

いずれにしても、銀行カードローンでも個人名で連絡し、他の人へカードローンの借入だとバレるような事はしませんので、安心できますよ。
(こちらもご参考に→銀行系のキャッシング審査は甘い?

銀行カードローンでは、銀行ごとにサービス内容が異なります。

例えば、住宅ローンの利用で金利の引下げがあったり、自動融資サービスがあったり、お金を借りる以外のメリットがあるのです。

ただし、地方銀行であれば利用対象者が営業エリア内に居住もしくは勤務している方に限られている場合もありますので、商品概要をチェックする必要があります。

銀行カードローンでも在籍確認はありますが、消費者金融同様に個人名での連絡となりますので、他の人へカードローンの借入だとバレることは無いのです。

キャッシング先を選ぶ方法!金利に注目

キャッシング先には、消費者金融・銀行カードローンがあることが分かりましたね。消費者金融や銀行カードローンを合わせると、たくさん会社があることが分かります。その中から一社を選ぶのですから、どうやって選んだらよいのか困りますよね。

まずは、気になる金融機関の利用条件をチェックしましょう。利用条件に該当しなければ、借入はできませんので利用条件が大切なのです。利用条件には利用地域、年齢、職業等、さまざまな条件がありますよ。
(こちらもご参考に→様々な職業の方にもおすすめのキャッシング

それでも、まだ複数社の候補が挙がっているなら、金利に注目してみましょう。

金利は低いところがお得!

金利は低いところがお得となりますが、借入希望額に対する金利に注目する必要がありますよ。

金融機関 金利
アコム 年3.0%~18.0%
バンクイック 年1.8%~14.6%
千葉興業銀行 年4.5%~14.6%

上記の表を見て、金利が低いところはバンクイックの年1.8%となりますが、単純に判断するのは危険なのです。もちろん、バンクイックの年1.8%は低金利ですが、金利は借入額に対して決まっているところが多いのです。

そのため借入額がいくらの時に金利がいくらなのかを把握する必要がありますよ。

例えば、借入希望額100万円までの金利は以下になります。

金融機関 金利
アコム 年7.7%~18.0%
バンクイック 年12.6%~14.6%
千葉興業銀行 年11.5%~14.6%

上記の表を見ると、バンクイックが一番高い金利となる可能性もあるのです。そのため、いくらまでの借入を希望するのか、その時の金利はいくらなのかを把握することが大切なのです。

そうはいっても初めての借入れでは、まだ金融機関との信用関係が築けていませんので、その金融機関の最高金利での借入れとなることが多いです。

つまり、アコムでは年18.0%、バンクイックでは年14.6%、千葉興業銀行では年14.6%となりますね。

キャッシング先を選ぶ時には、①利用条件、②金利に注目すると、選びやすいです。

利用条件を満たしていなければ、審査に通ることはありませんので、利用条件は細かく見ておく必要があります。

また、金利は借入希望額に応じた金利に注目する必要があります。金利には幅があり、ついつい低い方の金利を見てしまいます。

けれど初めての借入れでは、融資額も高額になる事はなく、高い方の金利が適用されることが多いので、高い方の金利に注目しておくと安心なのです。

キャッシング先を選ぶポイント!返済方法にも注目

キャッシングをする時には、返済についても考えておく必要があります。返済方法や返済額は各金融機関によって異なります。

無理なく利用するには、返済までバッチリ把握しておくと不安が無くなりますよ。

返済方法

返済方法は各金融機関で異なりますが、具体的には以下になります。

金融機関 返済方法
アコム 銀行振込み・提携ATM・店頭窓口
バンクイック 自動引落し・ATM・銀行振込み
千葉興業銀行 自動引落し

銀行カードローンでは、自動引落しができますので、毎月振込みに行く手間が省けます。忙しい方にはピッタリですね。このように、返済方法は各金融機関によって異なりますので、自分にピッタリな返済方法があるところに申し込むのも一つの手なのです。

返済額

同じ金額を借りても、返済額は金融機関によって異なります。例えば10万円借りた場合の返済額は以下になります。

金融機関 返済額
アコム 借入金額に一定の割合(4.2%・3.0%以上等)をかけた金額
バンクイック 2,000円~
千葉興業銀行 10,000円~

アコムでは契約金額によって、返済金額にかける割合が異なります。30万円以下の契約では4.2%をかけた金額となります。10万円借りた場合で、契約金額30万円以下の場合は、返済額は5,000円となりますよ。

そのため、同じ金額を借りても返済の負担が異なりますので、事前に知っておくと返済計画も立てやすいですね。

初めてのキャッシングで借入先の選び方が分からない、選び方が不安だという場合でも、正規の消費者金融や銀行カードローンを選ぶと安心です。そして、金利や返済方法に注目して無理のない返済計画を立てることができると、無理なくキャッシングができますよ。

【参考ページはこちら】
「アイコム」に正規のキャッシング業者はある?

初めてのキャッシングとなると、どこを選ぶべきか不安があるものです。登録番号表示のある消費者金融や銀行カードローンが安全です。

また、同じ金額を借りる場合でも金融機関によって金利・返済方法・返済額が異なります。

金利は低ければ低いほど、返済総額が少なくなりますので、同じ借入金額の金利をチェックしましょう。

返済方法は、銀行振込み・ATM・自動引落し等ありますので、使い勝手がよいものを選びましょう。

返済額は、金融機関によって差がありますので、毎月いくらなら返済できるのか考える必要があります。

毎月の返済額が多いほど、完済日が早く、利息も少なく済みますので、無理のない借入・返済ができるところが安心なのです。

新着記事
TOPICS