> > > 日雇い派遣はキャッシングできる?知っておきたい審査のポイント

日雇い派遣はキャッシングできる?知っておきたい審査のポイント

近年、派遣社員という働き方を選択する人が増えています。以前よりも派遣社員の社会的地位が上がり、働きやすくなったという理由もあるでしょう。

長期で契約をし、法的契約期間いっぱいまで働く人もいる一方、単発派遣、いわゆる日雇いの雇用形態で働く人もいます。日雇い派遣の不安のひとつとして、お金を借りられるかどうかというものがあるようです。

果たして、日雇い派遣の人はキャッシングが可能なのでしょうか?審査で重要視されるポイントや対策などを考えてみましょう。

日雇い派遣は借りられない?単発仕事のネックとは

日雇い派遣という働き方は、基本的には一日限りの現場に単発で入り(職種は問いません)、それでその現場との契約が終了するというものです。中には同じ現場に連続で入ることもあるようですが、派遣会社によっては毎回契約をし直すという形態を取っていることになります。

日雇い派遣は、同じ現場に通うことが(建前上)ないため、人間関係などで気楽な面があり、この働き方を敢えて選ぶ人も存在します。しかし、やはり他の仕事がないため、就職活動の合間に日雇いとして働く人もいるようです。

日雇いの人はお金を借りにくいと言われていますが、その原因は、やはり何よりも「日雇い」という部分にあると考えられます。

結論は?日雇い派遣の人が審査で見られるポイント

結論から言ってしまうと、日雇い派遣の人は、お金を借りることが非常に難しい立場です。

むしろ、借りられないと最初から考えておいた方が良いかもしれません。それほど、日雇いという働き方は、キャッシングやカードローンの審査で引っかかる部類なのです。

  • 日雇い派遣は収入が不安定だと判断される

日雇い派遣の人は、仕事の紹介がない限り、何日も、あるいは何週間も収入が途絶える可能性があります。もしお金を借りている状況で、収入が途絶えた場合、返済することができなくなってしまいます。

金融機関の審査は、返済不能になる事態を恐れ、日雇い派遣に対し、それほど寛大な審査結果を出さないと考えられます。返済不能になれば、それは金融機関側の損失となりますので、避けたいと思うのは当然のことです。

中には優秀で、日雇いとはいえ、仕事の紹介が途切れず、収入に困らない、返済は絶対にできるという人もいるでしょう。しかし、それは金融機関側には分からないことです。日雇い派遣という立場である以上、審査で不利になることは避けられない現実です。

同じ現場に通っても駄目?それも難しい日雇いの現実

日雇いの単発扱いでも、同じ現場に何日も通う人がいるかもしれません。そして実際、そういう人は少なくありませんし、そんな人の中には、半年、一年も同じ現場に入ることもあります。この場合、しっかりと勤務をし、在籍期間として考えられそうですよね。しかし、そうもいかないのです。

  • 同じ現場に連続で入っても、単発契約であれば、在籍期間、勤続年数とならない

これはどうしても仕方のないことと言えます。単発、日雇い派遣として契約をしている以上、一日ごとに契約が結ばれ、そして一日ごとに契約が終了します。

現実的に長く同じ仕事をしていたとしても、書類上は一日限り、日雇いとなってしまうのです。

また、日雇いではありませんが、一ヶ月未満ごとの契約を繰り返すという働き方をしている人もいるでしょう。こちらも日雇い同様の扱いになります。派遣会社の方針と、派遣会社から紹介される案件の内容をよく確認する必要があります。

ただ、同じ現場に入り続けているのに、長期契約としての扱いをされないことに不満がある人もいるでしょう。そんな時にはまず、派遣会社との契約を見直すことも重要です。自分に不利だと感じたら、すぐに見直しを要求できるのも派遣の良いところです。
派遣社員の人はただでさえお金を借りにくいと言われていますが、単発派遣の人は、それを上回るほどお金を借りることが難しい立場です。申し込みをしても、おそらく高確率で審査に通らないでしょう。

審査で重要視されるポイントは様々ですが、勤続年数も重要項目です。単発派遣の契約の人は、たとえ同じ現場に連続で入ったとしても、一日ごとの契約となるため、在籍期間にカウントすることができません。

在籍期間が一定の年数を満たさない場合、審査ではマイナスポイントとなります。これが原因で、単発派遣の人は、キャッシングやカードローンの審査に通りにくいと言われています。

どうしても借りたい!まずは派遣会社と交渉しよう!

キャッシングのためだけではないとしても、日雇い派遣の立場では何かと不自由があるという人は、思い切って派遣会社と交渉してみるのもひとつの手段です。現在は派遣社員の立場も強くなり、派遣会社はその声を無視できません。掛け合ってみる価値があると言えるでしょう。

  • 同じ現場に長期間通っていることが前提
  • 日雇いではなく長期契約扱いにして欲しいと交渉する

完全に単発、違う現場に行くという形態の日雇いの人は、残念ながらお金を借りることは絶望的です。しかし、同じ現場に長期間(1ヶ月以上)通っている人であれば、待遇や契約内容の見直しを要求することは可能です。

と言うのも、1ヶ月以上の契約であれば、派遣会社は対象の人物を社会保険に加入させる義務があるからです。

同じ現場に1ヶ月通っているのだから、その資格があるということを主張しましょう。

社会保険証がもらえるほどの長期契約になれば、勤続年数としてのカウントを開始できます。勤続年数は安定した収入が可能であることの証明であり、審査で重要視されるポイントです。キャッシングの申し込みを考えている人は、交渉してみる価値があると言えるでしょう。

細切れに契約する理由は?派遣会社の懐事情

同じ現場に通わせておきながら、なぜ派遣会社は日雇い扱いにしたがるケースがあるのでしょうか。それは社会保険に関係します。社会保険に加入すると、毎月保険料が発生するのですが、この保険料は企業側も負担しなければいけないものだからです。

派遣会社は登録している人数が多いほど、社会保険加入者の対象者が増える可能性があります。必要経費とはいえ、出費を考えると、社会保険の加入者は少なければ少ないほど良いと考える向きもあるようです。

このような理由から、日雇いとしての契約を結び、長期で同じ現場に通ったとしても、一日ごとに契約を繰り返すという、少々ずるい手法を取っている派遣会社も少なくありません。

ただ、これは本来アウトなやり方になります。確実に長期で通う現場になるのなら、派遣会社側は潔く社会保険加入の手続きをするべきです。

もしこういった条件にあなたが該当するのであれば、長期の契約に変えてもらえるよう、粘り強く交渉してみましょう。

頑張っても無理!そんな時には会社を変えるのもアリかも

交渉次第によっては、良い結果になる人がいるかもしれません。しかし、派遣会社の方針によっては、どうしてもそうならない可能性がないとは言い切れません。また、直接交渉することによって、派遣会社側に仕事の紹介を打ち切られるのではないかと不安になる人もいるでしょう。

  • どうしても無理な時には他の派遣会社に移動する

簡単にお勧めできることではありませんが、最終手段のひとつとしては、派遣会社そのものを変えてしまうというものがあります。派遣社員の登録は常に募集されていますし、キャッシングなどの審査とは違い、日雇いでも、内容によっては職歴として評価してもらえます。

派遣会社はかなりの数が存在しています。当然の要求が通らない派遣会社で嫌な思いをして働き続けるより、新天地を求めてみるのも悪くはないかもしれません。

新しい派遣会社で長期の仕事を紹介してもらい、社会保険に入り、勤続年数に加算した方が、キャッシングやカードローンに申し込みやすくなるかもしれませんよ。

派遣会社はどこもしっかりした会社が多いですし、きちんと働いている人であれば、長期の仕事をどんどん紹介してくれます。キャッシングの審査にある在籍確認にもきちんと対応してくれますよ。(⇒派遣の場合も在籍確認されるの?

単発派遣としての契約だとしても、同じ現場に連続で長期間通っている人なら、お金を借りられるかもしれません。派遣会社との交渉を試みてみましょう。つまり、単発派遣契約から、一定期間以上の長期契約に変更してもらうのです。

派遣会社は社会保険料の負担などを考えると、申し出を嫌がるかもしれませんが、要求することは決して間違ったことではありません。もし長期の契約に変更できれば、そこから勤続年数を積み始めることができます。

どうしても派遣会社が応じてくれない時には、それ以上無理をせず、他の派遣会社に乗り換えてしまうことも選択肢に入れておきましょう。その際には日雇いではなく、長期の契約ができるよう、最初から相談してみると良いかもしれませんね。

借りられる金融機関は?消費者金融がねらい目!

日雇い派遣から通常の契約の派遣になれた場合、キャッシングやカードローンの審査に通過できる可能性が出てきます。と言っても、契約が切り替わってすぐの時では、まだ勤続年数が数日、数週間となりますので、まだまだ審査は難しい状況です。

特に、銀行や信販会社では、申込者には一年~一年半の勤続年数を最低限求めると言われています。場合によっては数ヶ月の契約で終わるかもしれない派遣の立場では、申し込みをしても、少々厳しい状況になることが考えられそうです。

銀行のカードローン、信販会社のクレジットカードを利用したいのであれば、しばらく申し込みをせず、勤続年数を重ねることを意識した方が良いかもしれません。審査に落ちればその結果が信用情報機関に残り、あまり良い気分ではなくなってしまいます。

最低数ヶ月?消費者金融で必要な勤続年数とは

他にお金を借りられる金融機関と言えば、誰もが知っているであろう消費者金融です。消費者金融は手軽に利用できますし、申し込みも簡易であることが多いため、審査基準が甘いというイメージがあるようですが、実際はそうでもありません。見られる部分はしっかり見られます。

ただ、勤続年数に関しては、銀行や信販会社よりも、多少短めでもそれほど問題視しないという傾向があるようです。(こちらもご参考に→キャッシング会社のおすすめ情報はこちら

もちろん、数日や数週間、一ヶ月程度では無理なのですが、大体は六ヶ月程度の勤務実績が証明できれば、審査でそこまで悪影響は出ることがないと言われています。

  • 勤続年数が最低でも半年程度
  • 他の金融機関からの借入総額がない、あるいは多すぎない
  • 返済能力が期待できる程度の収入がある

勤続年数だけではなく、他にも他社からの借入総額や、返済がきちんとできるような収入があることももちろん重要です。

消費者金融に申し込む際には、このようなポイントを先にセルフチェックしておきたいですね。せっかく勤続年数の問題をクリアしても、他の点で落ちてしまってはがっかりです。

闇金に気を付けて!中小消費者金融に隠れる違法業者

お金を借りる時、審査が少しでも簡易な所の方がいいと考える人は、なぜか中小の消費者金融を探すことが多いようです。ネットの口コミサイトなどで、「大手では借りられなかったけど中小で借りられた」などというものを目にすることがあるからかもしれません。

しかし、中小の消費者金融も、審査は大手並にしっかりと行っています。大手で借りられないからと言って、中小で借りられるとは必ずしも断言できません。

「中小で借りられた」と言う話は、全てがそうとは言えませんが、もしかすると、違法業者に借りた可能性が考えられます。違法業者とはすなわち闇金のことで、法を逸脱した金利や取り立てなど、社会的に問題視される行為を行う存在です。

闇金は中小の消費者金融に偽装していることが多く、一見見分けがつかないこともあります。何も知らずに申し込んだら闇金で、大変な目に遭ってしまった…!ということにならないよう、中小の消費者金融を利用する際は、以下のことを意識してみましょう。

項目 内容
電話番号 固定電話が業者の代表番号になっているか
住所 架空の住所になっていないか
貸金業登録番号 金融庁のサイトに登録されている番号なのか
金利 貸金業法で定められた上限金利20%を守っているか

闇金を見抜くには、このような項目をチェックすると役立ちます。固定電話、住所、貸金業登録番号は、身分を偽っていては手に入れることができません。違法業者は警察にマークされた時、すぐに逃げられるよう、身分を偽っていることが多いため、このチェックは効果的です。

また、消費者金融の金利は、上限で20%になっています。この数値を超えた金利を設定していれば、違法業者の証明です。広告では上限金利内の数値を表記し、いざ借りる段になって法外な金利を設定するという、更に悪質な業者もいますので、利用の時にはくれぐれも注意しましょう。

いざ申し込みをしようと思っても、銀行や信販会社は難しいかもしれません。勤続年数が最低でも1年はあった方がいいと言われている金融機関ですので、比較的すぐにお金が必要な人では、たとえ長期の契約になっていても、引っかかるポイントになります。

勤続年数が比較的短めでも、審査に通過する可能性があるのは消費者金融です。必ず通過できるというわけではありませんが、最低で半年程度の勤務実績があれば、審査でマイナスに影響することはないと言われています。

消費者金融の中には闇金も存在します。闇金業者を見抜くには、電話番号や住所、貸金業登録番号、上限金利をチェックすることが重要です。安全な業者を探して下さいね。

借り過ぎ注意!申し込みは返済計画を立ててから!

日雇い派遣から安定した契約の派遣になれば、会社員同様、キャッシングやカードローンへの申し込みもしやすくなります。だからと言って、返済のことを考えずに、安易にお金を借りることは推奨できません。アッと言う間に返済に困ってしまい、遅延や延滞の原因になってしまいます。

審査に通過し、利用が可能になったとしても、最初は限度額が低く設定されていることがほとんどです。広告の限度額が500万円だとしても、始めは数十万円、あるいは数万円からの開始になるかもしれません。

  • 限度額は利用状況に応じて変動する
この金額はキャッシングを利用し、きちんと返済していけば、徐々に上げることができます。ただし、今までの利用状況で、返済遅延や延滞があった場合は、まずその可能性がなくなってしまいます。むしろ限度額を下げられたり、利用停止になることもあるようです。

また、あまりにも借り過ぎてしまうと、最終的には債務整理、自己破産となりかねません。そんな大げさなと思う人もいるかもしれませんが、お金のトラブルは、自分でも予想ができないことが起こり得るものです。可能な限り計画的に、スムーズな返済を視野に入れた利用を心掛けましょう。

大手でも申し込める!スピーディ&便利さ抜群!

大手の消費者金融の特徴は、以下のようなことが挙げられます。

  • 審査が速い
  • サービスが手厚い
  • 利便性が高い

消費者金融は審査が速いことが特徴ですが、大手は更にその魅力に磨きをかけています。条件を満たせば数十分で審査の回答を得られる会社もありますし、中には、当日からお金を借りることができるケースも存在します。大手ならではのサービスを堪能したい人にはお勧めです。

消費者金融ブランド 金利、限度額 特徴
アコム 3.0%~18.0%、800万円 最大30日間金利ゼロ
女性専用ダイヤルあり
アイフル 4.5%~18.0%、500万円 最大30日間金利ゼロ
急ぎの審査に対応可能
プロミス 4.5%~17.8%、500万円 最大30日間金利ゼロ
web申し込みなら郵送物無し
モビット 3.0%~18.0%、800万円 無人のローン申し込み機あり
web申し込みなら郵送物無し

アコム、アイフル、プロミスにある「最大30日間金利ゼロ」というのは、契約した翌日から30日間は、金利がゼロとして計算されるというサービスです。つまり利息が発生せず、元金だけを返済すればいいということになります。ただし、30日を過ぎると、未返済分には利息が発生します。

プロミス、モビットのweb申し込みは、身分証明書などの郵送や、契約書の返送の必要性がない、かなりスマートな利用ができるサービスです。手間がかなり軽減されますので、何よりもてがるに利用したい人にぴったりですね。

他にも各ブランドで、特徴的なサービスを提供しています。気になったブランドがあれば、公式ホームページなどをチェックしてみてはいかがでしょうか。また、申し込み前でも、スタッフに様々な質問をすることができます。分からないことは何でも聞いて下さいね。

中規模消費者金融も負けてない!全国に進出中!

大手の消費者金融が利用しやすいのは当然と言えば当然ですが、最近では中規模の消費者金融でも負けてはいません。中規模とはいえ、大手並のサービスをしているブランドもあります。

中小の消費者金融と言えば、以前は地域密着型が多かったのですが、インターネットが発達した現在、全国の人が申し込みを行えるようになりました。

また、中には即日融資が可能と謳っているブランドもあり、ますます目が離せない存在です。もちろん、派遣社員にも申し込み資格があります。

消費者金融ブランド 金利、限度額 特徴
フクホー 7.3%~18.0%、200万円 創業45年の老舗
電話でも24時間対応可能
セントラル 4.8%~18.0%、100万円 即日融資可能
女性専用ダイヤルあり
キャッシュサービスプラン 15.0%~20.0%、50万円 即日融資可能
月々2000円からの返済可能

大手の消費者金融に比べると、限度額が低いことが分かります。ただ、日常的な生活の助けにするのであれば、充分に足りる金額ではないでしょうか。

中規模な消費者金融でも歴史は長く、フクホーは45年、セントラルも40年以上の経営を続けています。信頼と実績を感じられる年数ですね。プランはまだ若い会社ですが、健全経営は疑いようがなく、支店を持つほどに成長しています。

大手、中小、どちらのカテゴリーの消費者金融を利用するかはあなた次第です。今の時代はほとんどの消費者金融が、インターネットからの申し込みや、24時間の対応をしているため、思い立った時にすぐに申し込めるのが嬉しいですね。

即日融資を希望する際には、できる限り早い時間に申し込みを済ませる必要があります。営業時間内でも、遅い時間帯になると、金融機関との連携の都合で即日融資ができないことがあるからです。急ぐ時には遅くとも正午あたりまでには申し込みを済ませたいですね。
消費者金融に申し込みをする際、大事なのは返済計画です。申し込みの前に、自分の収入や返済についてよく考えておくと良いでしょう。

大手の消費者金融はサービスが手厚く、手軽に利用できるという利点があります。アコム、アイフル、プロミスでは、30日間無利息サービスを提供しています。また、プロミス、モビットでは、web完結申し込みを利用すれば、煩わしい書類のやり取りに時間を取られることがありません。

中規模の消費者金融では、フクホー、セントラル、キャッシュサービスプランが有名です。限度額は大手消費者金融よりも低額になりますが、24時間対応や即日融資可能など、大手に負けないサービスを展開しています。

日雇いでも諦めない!対応次第できっと借りられる!

日雇い派遣の人がお金を借りるのは、想像以上に大変なことです。しかし、対応次第では、日雇いから長期契約に変更できる可能性もあるので、最初から諦める必要はありません。

派遣とは言え、しっかりとした収入や勤続年数が確保できれば、お金を借りられる可能性が高くなります。返済計画をきちんと立てた上で、生活に潤いが出るような使い方ができると良いですね。使い過ぎには注意して、楽しいキャッシングライフを送りましょう。

【参考ページはこちら】
派遣でもキャッシングの在籍確認はあるの?

日雇い派遣の人がお金を借りるには、かなりハードルが高いのが現実です。勤続年数がどうしても積み重ねられない就労形態であることが最大のネックです。日雇いという立場を諦め、長期の契約に切り替えるか、派遣会社を変わることが一番の近道でしょう。

長期の契約になってから、比較的短期間でお金が借りられるのは消費者金融です。大手から中小の消費者金融まで様々な会社がありますが、中には闇金も紛れ込んでいます。利用の時には注意しておきましょう。

返済計画をしっかりと立てた上で利用できれば、かなり助かるのがキャッシングやカードローンです。まずは日雇い派遣の働き方を見直し、勤続年数を重ねることを意識して下さいね。

新着記事
TOPICS