> > > 専業主婦がお金を借りるにはクレジットカードキャッシングしかない?

専業主婦がお金を借りるにはクレジットカードキャッシングしかない?

専業主婦はクレジットカードのキャッシングには申し込めない?貸金業法の改正に伴って、貸金業者のお金の貸付には、年収の3分の1以上の貸付規制がかかるようになりました。これが総量規制です。

貸金業者であるクレジットカードも当然この総量規制の対象となります。ただしショッピングに利用するクレジットカードは総量規制対象外です。規制はクレジットカードに付随するキャッシングについては対象なのです。それでは専業主婦のキャッシングは無理?

こちらでは専業主婦のキャッシングについて、詳しくお話ししています。専業主婦だからとあきらめないで!申込めるカードローンの事ぜひ参考にして下さい。

専業主婦でもクレジットカードは申込める!

貸金業法の改正により、総量規制が施行されたことで、専業主婦は消費者金融など貸金業者のカードローンに申込むことができなくなったのです。その為にクレジットカードにも申し込めないと思われるのでしょうが、クレジットカードへの申込みは可能なのです。

クレジットカードは物品の購入について利用するショッピング用のカードです。このショッピングに関してのカードは総量規制対象外となるので専業主婦でも充分に申し込みが可能なのです。

もちろん収入のない専業主婦ですから、配偶者に安定した収入が見込まれるというのはクレジットカードの場合でも必要な条件となります。

専業主婦がクレジットカードを申込む為に必要なこと

  • 専業主婦可のクレジットカードに申込む
  • 日々信用実績を積む努力をする
  • 過去の信用情報にマイナス履歴がないこと

まず専業主婦可能と明記されたクレジットカードに申込むことが必要です。大手クレジットカードの中には無職の専業主婦の申込みは不可という所もありますから、専業主婦でも申込めるというのが第一の条件です。

申込の前に自分自身の信用実績を積む必要もありますよ。そしていうまでもありませんが個人信用情報に金融事故などの履歴が無いことも重大な条件となります。貸金業者である信販会社も審査内容はカードローン会社と同様になります。

専業主婦が利用しやすいクレジットカードは大手スーパー発行

  • 買物するたびにポイントがたまる
  • 公共料金や携帯電話使用料金などをカード支払する
  • お財布代りに利用できるクレジットカード

専業主婦ならではのクレジットカードはやはり大型スーパーが発行するカードではないでしょうか。

例を挙げれば「イオンカード」や「セブンカードプラス」といったクレジットカードです。

カード利用のたびにポイントがたまりそれをお金に還元できる。もちろん買い物に利用もでき、公共料金などの支払もカード払いにするとポイントがその分貯まりやすいので便利ですよね。専業主婦のお財布代りに利用できるカードといえます。

専業主婦でもクレジットカードに申込むことができます。特に大型スーパーの発行するカードなどは、ポイントも貯まり、主婦にとっては利用しやすいクレジットカードです。

クレジットカードであっても当然審査はあります。日々の信用実績を積んでいることが申し込みする為には必要となるのです。

総量規制と専業主婦のキャッシングについて

専業主婦でもクレジットカードは申込み可能だということはお分かりいただけましたか。それではキャッシングについてはどうなのかについてお話ししていきましょう。

信販会社や消費者金融会社などの貸金業者の為の法律、貸金業法で施行された総量規制は年収の3分の1以上の貸付を規制するものです。年収が0では貸付を受けることはできないという事になります。

この為に無職の専業主婦はクレジットカードのキャッシングや消費者金融のカードローンへの借入申込みは出来ないのです。それでは専業主婦がお金を借りることは絶対に出来ないのでしょうか。

総量規制は貸金業者に対するもの!規制には対象外がある

総量規制は貸金業法の規制です。規制対象となるのは消費者金融や信販会社のキャッシングです。

その為に消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングには専業主婦は申し込むことができません。

消費者金融 信販キャッシング 信販クレジットカード 銀行カードローン
規制対象 規制対象 規制対象外 規制対象外

貸金業者でないカードローンというと銀行のカードローンがあります。銀行のカードローンはもちろん総量規制対象外です。専業主婦の申込みも可能ですよ。専業主婦がカードローンに申込むなら銀行のカードローンということになります。

消費者金融など貸金業者に向けての貸金業法で総量規制が施行された為、消費者金融のカードローンに専業主婦や申し込めません。

専業主婦が申込むのなら総量規制対象外の銀行のカードローンが良いでしょう。銀行のカードローンなら配偶者に安定した収入があれば専業主婦の申込みも受付けている場合が多いのです。

クレジットカードでのキャッシングは不可でも申込めるカードローン

前の項目で触れましたが、銀行のカードローンなら総量規制対象外となり、専業主婦も申込みが可能となります。それでは専業主婦がカードローンに申込むにあたって、どのような点に注意すべきなのかを挙げてみましょう。

  • 専業主婦の申込み可の銀行を探す
  • 配偶者も審査対象となる
  • クレジットカードなどの支払に、遅延延滞のないようにする

多くの銀行は配偶者に安定した収入があれば、無職の専業主婦からの申込みを受け付けています。ただ一部、本人に収入の無い場合の申込みは不可としている銀行もあるので、申込み条件をしっかりと確認する必要があります。

また、専業主婦の借入限度額は一律30万円まで、などと金額を限定されている場合もあります。

高額の限度額では後々に借り過ぎてしまう可能性が出てくるので、専業主婦の場合は少額な借入で充分ではないでしょうか。

当然ですが、配偶者も審査の対象となり、勤務先などの属性や信用情報についても確認されます。内緒で申し込みたいと思われるのでしょうが、出来れば配偶者の了解をとっておくとよりスムーズですよ。どうしてもという事ならもちろん内緒での申込もできます。

専業主婦はクレジットカードの申込みはできるけれど、キャッシングを付随することはできません。クレジットカードもやはり貸金業者なので、総量規制の対象となるからです。

キャッシングするのなら銀行のカードローンでの申し込みができます。そのときには配偶者も同様に審査の対象となることを忘れないで下さいね。

専業主婦がカードローンに申込むなら忘れてはいけない事

収入のない専業主婦がカードローンに申込む場合は、銀行のカードローンへの申込みの場合のみ受付可能とお話ししました。いうまでもありませんがカードローンは借金です。無職の専業主婦が何故融資を受けられるかというなら、それは後ろに配偶者であるご主人がいるからにほかなりません。

専業主婦の借入は配偶者への借入となることを忘れないようにして下さい。

もしもあなたが返済に遅れるようなことがあった場合、それはすべて配偶者であるご主人の信用を失墜させるものだということを、しっかりと頭において借入しなくてはいけないのです。

カードで豊かな生活を送るために

クレジットカードもカードローンもゆとりある生活を送る為に今ではなくてはならない物ですよね。ただ、欲しいものが簡単に手に入ると何でもクレジットカードで購入したのでは、後で高額な請求書が届き支払に追われることとなります。

カードローンの場合は無計画に借り過ぎてしまう危険性があります。この場合も返済に追われるようになってしまい、ゆとりとは程遠い生活が待っている危険性もあります。

計画的な借入返済を心掛けること、そしてお得に上手にカードローンを利用することで、豊かで快適な暮らしを実現できるのです。

専業主婦でも収入があればキャッシング枠も利用可能

無職の専業主婦についてお話ししてきましたが、専業主婦であっても、アルバイトやパート勤めで一定した収入がある場合は、年収の3分の1以内であればクレジットカードにキャッシング枠を付随できますよ。年収が90万円の場合30万円までということです。

アルバイト、パートの場合限度枠が2、30万円程の設定となる事が多いのですが、急な出費に備えるのであれば充分な金額ではないでしょうか。それでも使い過ぎには注意して計画的な利用を心掛けるようにして下さいね。

クレジットカード、カードローン、キャッシング、どれも上手に使う事で、強い味方になってくれることでしょう。専業主婦は日頃から休みなく働いているようなものです。たまにはストレス発散も必要です。無理のないカード利用で、潤いとゆとりのある生活を楽しんで下さい。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも利用可能な大手銀行は?

専業主婦でもカードローンがあれば、と思うことがあります。クレジットカードのみなら専業主婦でも申込み可能ですが、キャッシングは付随できません。

カードローンは専業主婦でも申込み可能な銀行なら申し込めます。しっかりとした計画をたて、無理のない利用に心掛けましょう。

新着記事
TOPICS