> > > 専業主婦が即日キャッシングで知っておきたい2つのこと

専業主婦が即日キャッシングで知っておきたい2つのこと

専業主婦(専業主夫)がキャッシングする時には、ルールがあります。消費者金融では配偶者貸付けを守る必要があったり、銀行カードローンでは配偶者に安定した収入が必要になったりします。

いずれも、ポイントを押さえると専業主婦(専業主夫)でも借入可能となりますので、働いていないけど借入れできるのか不安なあなた!しっかり見ていきましょう!

ここでは、専業主婦(専業主夫)のキャッシングについて、消費者金融の配偶者貸付けについて、銀行カードローンを代表してイオン銀行と楽天銀行を紹介しますよ。

知っておきたい!専業主婦のキャッシング方法

専業主婦のキャッシング先と言えば、消費者金融と銀行カードローンがあります。

もちろん、クレジットカードのキャッシング枠もありますが、キャッシング枠を作る時には審査があり、安定した収入が無ければ審査に通ることはできません。

既にキャッシング枠を作っていて利用出来る状態であれば、クレジットカードのキャッシング枠が簡単なキャッシング方法と言えますね。けれど、ここではこれから申し込む専業主婦のカードローンキャッシングについて案内していきますので、消費者金融と銀行カードローンで説明していきますね。

  • 消費者金融
  • 銀行カードローン

消費者金融でキャッシング

実は、消費者金融では収入の安定している方が利用条件にあります。これは、貸金業法の総量規制で「年収の1/3を超える借入れは禁止」としているからですね。パート主婦であれば、パート収入がありますので気軽に利用できるのですが、専業主婦では収入がありませんので、利用条件を満たすことができないのです。
(こちらもご参考に→専業主婦と兼業主婦、審査が甘いのは?

職種 収入
パート主婦 パート収入あり
専業主婦(専業主夫) 収入なし

そこで、専業主婦がキャッシングをする時のポイントとなるのが、配偶者貸付けとなるのです。

専業主婦は配偶者貸付けでキャッシング可能

専業主婦は配偶者貸付けを利用することで借入可能なのです。配偶者貸付けは、貸金業法の中の総量規制の例外となります。配偶者と合算して、夫婦二人のの借入れが年収の1/3になるまで借りることができるのです。

ただし、申込時には配偶者の同意書・配偶者との婚姻関係を示す書類・配偶者の年収を証明する書類の提出が必要となります。年収を証明する書類は申し込めば必ず用意する書類ではなく、一定額以上の借入金額を希望する場合に必要となる書類です。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票等)
  • 配偶者の年収を証明する書類

ここで用意する、配偶者の同意書は連帯保証人になる同意書ではありません。配偶者と貸付契約を結ぶことへの同意と、信用情報機関へ信用情報を提供することの同意書となりますよ。

そのため、配偶者に連帯保証人になってほしい訳ではないので、しっかり説明して同意を得ておきたいですね。

銀行カードローンでキャッシング

銀行カードローンの場合は、専業主婦用のプランがありますので、そのプランに申し込むと本人確認書類のみの提出で契約を結ぶことができます。

消費者金融のように配偶者の同意も不要となっていますので、内緒で借入れしたい時にはピッタリなのです。

金融機関 配偶者の同意
消費者金融 必要
銀行カードローン 不要

ただし、利用限度額が30万円~50万円程度となっていますので、これ以上の金額を借りたい時には、消費者金融の配偶者貸付けの方が良い場合もありますよ。

専業主婦のキャッシングと言えば、消費者金融の配偶者貸付けを利用するか、銀行カードローンの専業主婦プランを利用する方法があります。

配偶者貸付けでは、配偶者の同意が必要となり、同意書・婚姻を証明する書類・配偶者の年収の書類提出があります。

銀行カードローンでは、本人確認書類のみでキャッシング可能なので、気軽に申し込みができるのです。

困った時に助かる!消費者金融のキャッシング先を紹介!

専業主婦が消費者金融で借りるには、配偶者貸付けを利用する必要があることを説明しましたが、この配偶者貸付けは全ての消費者金融が行っている訳ではありません。テレビのCM等で見かける大手消費者金融では、配偶者貸付けを行っているところはないのです。そこで、中堅消費者金融から一社紹介します。

キャッシングのエニー

エニーでは、専業主婦の方でも配偶者に安定した収入があり、同意書等を提出できれば申込可能なのです。インターネットから申込み、振込融資を利用すると、最短30分で審査完了となり即日キャッシングが可能ですので、急いでいる時に助かりますね。

エニー 詳細
融資額 500万円まで
金利 年5.0%~20.0%
担保・保証人 原則不要

エニーは中堅消費者金融ですが、振込み融資によって全国対応していますので、どの地域の方でも安心して申し込めますよ!

消費者金融では、配偶者貸付を利用して専業主婦でもキャッシングができます。けれど、どの消費者金融でも配偶者貸付けに対応している訳ではないのです。

そのため、配偶者貸付けを行っている消費者金融を探す必要があるのです。ここでは、エニーを紹介します。

エニーは東京にある消費者金融となりますが、振込み融資によって全国各地のキャッシングに対応しています。つまり、急な出費があった時に申し込みをしても大丈夫なのです!

意外に多い!銀行カードローンのキャッシング先を2社紹介!

銀行カードローンの場合は、専業主婦に対応しているところが意外に多いのです。地方銀行やネット銀行等、様々な所でカードローンの利用ができますよ。ここでは、その中から2社紹介していきます。

イオン銀行カードローンBIG

スーパーで有名なイオングループの銀行ですので、専業主婦の利便性バツグンですね!買い物ついでにキャッシングもできますので、生活費が足りない時に助かりますよ。

イオン銀行カードローンBIGでは、専業主婦のキャッシングは50万円まで可能となっています。

本人に収入がなくても、配偶者に収入があると申込みができますよ。

イオン銀行カードローンBIG 詳細
融資額 50万円
金利 年13.8%
口座の不足分を自動融資 可能
月々の返済額 最高1万円

14時までに申し込みをすると、原則即日回答となります。ただし、利用出来るのはローンカード到着後となりますので、普通預金口座を持っていない場合は即日キャッシングができません。

既にイオン銀行の口座を持っている場合は、当日キャッシングも可能となりますので、あらかじめ口座を作っておくといざという時に安心ですよ。

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンは、ネット業界で有名な楽天グループの銀行となります。20歳以上であれば、専業主婦でも申し込み可能となっていますよ。
(⇒レイクのキャッシング年齢制限は?

専業主婦の場合は利用限度額は50万円となっています。銀行カードローンで取扱う専業主婦用のプランでは、50万円という利用限度額は高額と言えますよ。

楽天銀行スーパーローン 詳細
融資額 50万円
金利 年14.5%
口座の不足分を自動融資 不可
月々の返済額 最高1万円

楽天銀行では即日審査回答となっていますが、即日融資とはなっていませんので、申込した当日にキャッシングはできません。ローンカードが手元に届いてから利用可能となりますよ。

申込

受付メールの配信

ローン審査を開始

契約内容の確認

必要書類の提出(アプリで可能)

手続き完了と、スーパーローンカード発行・郵送

口座振替依頼書を返送

楽天銀行スーパーローンでは、振込みによる借入れも可能となっていますが、そのためには会員専用サイトへ登録する必要があります。

会員登録する時には、カード番号・暗証番号・生年月日の入力と専用パスワードの設定が必要になります。つまり、振込みによる借入れを行う時でも、初回はカード番号が必要となる為、カードが届かなければ利用できないのです。

初回登録時に必要なモノは以下になります。

  • カード番号
  • 暗証番号
  • 生年月日
  • 専用パスワード

一度登録をすると、次回以降は設定したIDとパスワードでログインできますので、手軽に利用できますよ。

銀行カードローンなら、専業主婦専用のプランがありますので、気軽に申し込むことができます。

ここでは、イオン銀行カードローンBIGと楽天銀行スーパーローンの専業主婦用のプランを紹介します。

いずれも利用限度額は50万円までとなっており、即日審査回答となっています。

イオン銀行カードローンBIGでは、既にイオン銀行の口座を持っている場合に限り、即日融資にも対応していますので急いでいる時に助かるのです。

専業主婦がキャッシングする時に知っておきたいこと

それでは、最後に専業主婦がキャッシングするためには知っておきたい事を整理していきましょう。消費者金融についてと銀行カードローンについての2つについて説明していきましたね。

金融機関 消費者金融 銀行カードローン
融資額 配偶者の年収の1/3まで 30万円~50万円
配偶者の同意 必要 不要
保証人 不要 不要
必要書類 配偶者の同意書・婚姻を証明する書類 本人確認書類
即日融資 可能なところもある 可能なところもある
即日キャッシングを希望するなら、すでに口座のある銀行カードローンをチェックしてみると良いですね。新たに口座を作ってから借入れとなると、カードが届くまでに時間がかかってしまい、即日キャッシングは叶わなくなります。

消費者金融では、申し込む時間帯によっては即日キャッシングが可能となりますが、婚姻を証明する書類として住民票等が必要となります。書類の準備に時間が必要となってしまいますので、早めに申込みができると即日キャッシングの可能性もありますよ。

いずれにしても、専業主婦でも即日キャッシングの可能性はありますので、しっかり下調べをして申し込みをすると良いのです。

【参考ページはこちら】
専業主婦にクレジットカードは無理?

専業主婦が即日キャッシングをするなら知っておきたいこととして、消費者金融と銀行カードローンの2つを紹介します。

いずれも即日キャッシングに対応している所もあれば、対応していない所もありますので、事前のチェックが必要となります。

消費者金融では、配偶者貸付けでキャッシングします。そのため提出書類が多くなりますが、利用限度額は配偶者の年収の1/3までとなります。

銀行カードローンでは、配偶者に安定した収入が必要ですが、申込者の本人確認書類だけで申込むことができ、利用限度額は30万円~50万円が平均的となっています。

便利さで取るなら銀行カードローン、高額融資を希望するなら消費者金融と言えるのです。

新着記事
TOPICS