> > > 主婦でもキャッシングしたい!申し込み前に知っておきたいこと

主婦でもキャッシングしたい!申し込み前に知っておきたいこと

キャッシングやカードローンはサラリーマンのもの…今でこそこの名前ですが昔は「サラリーマン金融」と言われていた時代もあるので、その印象が根付いたまま、という方も多いでしょう。

しかし今はより幅広い層がキャッシングを利用する時代になってきているってご存知ですか?それこそ「必要なの?」と思われるかもしれませんが、主婦の方もキャッシングをすることだってあるんです。

とはいえ、「主婦って本当にお金を借りられるの?」「どこから借りるのがオススメなの?」といった不安が多くて利用をためらっている、という方もいるでしょう。

今回は主婦の方がお金を借りる前に知っておきたいことをご紹介します!

カードローンと言えば消費者金融。でもこれには条件が?

カードローン・キャッシングとして思い浮かぶ会社はやはり「消費者金融」、という方が多いと思います。

具体的には「プロミス」や「アコム」、「モビット」など…いずれもCMで名前を耳にした、目にしたことがあるのではないでしょうか。

とりあえず手軽にお金を借りるなら消費者金融で!と言いたいところではあるのですが、主婦は主婦でも「専業主婦」の場合、消費者金融で借りるにはちょっと難しい理由があるんです。

利用条件の「自身に収入があること」は専業主婦ではムリ!

大手消費者金融の利用条件を見てみましょう。各社で少しずつ内容こそ違いますが、基本的には

  • 満20歳以上であること
  • 自身に安定した収入があること

の2点は必ず条件として含まれているはずです。

年齢はさておいて、問題となるのは2番目の条件「自身に安定した収入があること」です。

専業主婦のような、普段家事や育児をしていて働いていない女性の場合自分で得ている収入は0円です。そのためこの条件を満たすことができませんから、消費者金融からお金を借りることはできないんです。

どうして専業主婦は借りられないの?その理由は「総量規制」!

しかしなぜ、消費者金融は利用条件に「自身に収入があること」を挙げているのでしょうか。「その会社の方針として」といって、複数社の中の1社や2社、という感じならわからなくもないですが、揃いも揃って必ず条件に入っていますよね。

もちろんそれには理由があります。大きく関わっているのは消費者金融に適用される「法律」なんです。

消費者金融は「貸金業者」というカテゴリに入っています。お金を貸す業者、そのまんまですね。貸金業者に適用される法律は「貸金業法」といってこちらもまあそのままなのですが、貸金業法で定められている「総量規制」がポイントになります。

総量規制、聞いたことがある方もいるかもしれません。これは「原則として個人の借入総額が年収などの3分の1までに制限される」仕組みのことを言います。これを守らなかった場合、会社側に罰則が与えられますので内緒で貸します、なんてことは絶対にしません。

専業主婦の方はもちろん収入は0円!なので、3分の1といっても結局0円…ですよね。

なので収入がない主婦の方、主婦の方に限らず収入がない方は消費者金融からお金を借りることはできないというわけです!

絶対に方法がないわけではない…けどオススメはしません

「専業主婦だけどどうしても消費者金融から借りたい!!!」という方…はほぼいないとは思います。が、そんなレアな方にとっては朗報…となるかもしれません。

基本的に専業主婦は消費者金融のカードローンを利用することはできませんが、「配偶者貸付」という方法を使えば借りられないわけでもないんです。

配偶者貸付とは「配偶者と自身の収入を合計した金額の3分の1を上限として借入が可能になる」仕組みです。

例えば旦那さんが年収300万円で自身が専業主婦(年収0円)の場合、配偶者貸付制度を利用すれば収入がない妻側でも最高で100万円までお金を借りることが可能です。

しかし夫婦で年収を共有するという形のため、上の例でいうと100万円借りてしまったらもう旦那さんは1円も借りることができません。

さらに配偶者貸付を利用するには条件があり、「夫婦であることを証明する書類」「夫の同意書」の2点が必ず必要になります。夫婦であることを証明する書類は住民票などで問題ありませんが、問題と言えるのは同意書でしょう。

「夫に内緒でお金を借りたい」と思っている場合、配偶者貸付ではそれは叶いません。さらに、大手消費者金融は配偶者貸付のトラブル(夫の同意書を妻が勝手に作ってしまうなど)を防ぐため、配偶者貸付を受け付けていないんです。

そのため、最初に戻りますが「自身に収入がある」ことが利用条件となるわけですね。

働いている主婦の方なら問題なく利用可能。内緒での利用も!

専業主婦の場合はこれまでの理由から消費者金融でお金を借りることは厳しいですが、働いていて収入がある主婦の方となれば話は別です。

ようは収入があればいいのですから、アルバイトやパートでも問題なく利用条件を満たすことができます(商品によっては正社員であったり、一定の年収が必要な商品もあります)。

利用するのに夫の同意もいりませんので、内緒で借りることも十分に可能です。「アイフル」は女性向きのカードローンも提供していますし、女性専用ダイヤルを設けている会社も多いです。女性スタッフが担当してくれるので安心ですよ。

ただし「お金が足りない月だけ臨時でバイトをする」といった、不定期の収入は「安定した収入」と認められないケースもあります。月収は少なくても「継続して定期的に収入を得ている」ことが重要なポイントです。

カードローン・キャッシングといえば消費者金融ですが、やはりサラリーマンなど働いている人を対象にしていますので、専業主婦の方は残念ですが利用することはできません。

中小消費者金融であれば配偶者貸付を利用できる可能性もありますが、中小消費者金融ですと金利が大手より高くなる可能性(最高で20%の金利が考えられます)がありますし、限度額も少ないのであまりおすすめはしません。

働いている主婦の方は自由度が高いので好みの商品を探してみるといいでしょう。女性にも嬉しいサービスが多いですよ。

専業主婦でも利用したいなら「銀行系カードローン」を

消費者金融(特に大手)は専業主婦では利用できません。ですが、専業主婦でも使える金融業者が全くないわけでもないんです。

もちろん働いていて収入がある主婦の方でも利用でき、かつ専業主婦でも利用できる、そんな夢のようなカードローン…。それが「銀行系カードローン」です。

なぜ専業主婦でも利用できるのか、消費者金融との違いはあるのか、といった点をご紹介していきます。

そもそも「銀行系カードローン」って?

まず、そもそも「銀行系カードローンって何?」という方もいると思いますので、そちらから説明していきます。

具体的には三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などの「銀行カードローン」、加えて信用金庫や地方銀行といった、地方の金融機関のカードローンなどを合わせて「銀行系カードローン」と呼称されることが多いです。

これは正式な呼称ではないため、ネット上の記事の中では銀行グループの消費者金融カードローンのことを「銀行系カードローン」と言っていることもあります。

正確に「ここからここまでが銀行系!」と決まっているわけではないので、「消費者金融じゃなくて金融機関が提供しているカードローン=銀行系カードローンなんだな」くらいのイメージで問題ないかと思います。

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの違いって?

なんとなく銀行系カードローンはどんなものか、イメージは掴んでいただけたでしょうか。次は「消費者金融系カードローンとどう違うの?」と疑問が湧いてくるかもしれません。もちろんそれにもお答えします!

最大の違いは「適用される法律」です。銀行であれば「銀行法」、信用金庫であれば「信用金庫法」が適用されます。そしてその法律には消費者金融に適用される「貸金業法」に含まれていた「総量規制」はもちろんですが含まれていません。

なので、総量規制が適用される消費者金融と違ってカードローンの利用条件に「絶対に自身に収入があること」を含めなくてもいいのです。

少々回りくどい言い方になってしまいましたが、「自身に収入がない専業主婦でも利用できる」のが銀行系カードローン、「自身に収入が必要」なのが消費者金融系カードローンと言えるでしょう。

どうして専業主婦でもカードローンが利用できるの?

専業主婦でも利用できるとはいえ、「なぜ消費者金融ではダメなのに銀行系では大丈夫なの?」と思いますよね。

これは総量規制が適用されない(総量規制の対象外、と言われることが多いです)のも理由のひとつですが、専業主婦という立場であるからこそとも言えます。

専業ということは、自身に収入がないことを表しています。つまり旦那さんは奥さんを養える程度の収入はしっかりとある…と考えることができますよね。旦那さん一人の収入では生活できないとあれば、やはり働かなければなりません。

家族を養えているということは、それだけ旦那さんの収入は安定しておりかつ定期的な収入を得ている…。それを証明しているのが専業主婦の存在、といっても過言ではありません。

なので総量規制による制限がない銀行系カードローンは「専業主婦でも利用可能」なカードローンが多いんです。

もちろん、銀行系カードローンすべてが専業主婦OKというわけではありません。銀行系であっても消費者金融系カードローンと同じように一定の収入や定期的な収入が必要なカードローンも多く存在します。

消費者金融系に比べると金利も低め。働いている主婦の方にも!

また、銀行系カードローンは消費者金融系に比べると金利も低めです。消費者金融系に比べて銀行系カードローンは最高金利(一番高い金利のことです)に幅があるので一概には言えないのですが

  • 消費者金融系カードローンの最高金利 … 18%前後
  • 銀行系カードローンの最高金利 … 15%前後

と、3%程度の違いがあります。借りる金額が少なければ大きな影響はでませんが、少しでも支払う利息を少なくしたい、返済の負担を少なくしたいと思っているのであれば、働いている主婦の方でも銀行系カードローンを候補にしてもいいと思います。

口座が必要なケースが多いのでその点には注意が必要

ただし銀行系カードローンを利用するならちょっと注意しなければならない点があります。

そのひとつが「銀行口座」。そもそも銀行は預金してもらうことが目的ですので、「カードローンを利用したいなら口座を開設してね」と、条件に口座を持っていること(あるいは開設すること)が含まれるケースもあります。

特に信用金庫や地方銀行はその傾向が強く、すでに口座を持っている人向けのサービス商品として提供しているような印象もありますね。

口座を開設していないと返済方法として「引き落とし(口座振替)」が利用できないなど、利用に制限がかかることもありますので、銀行系カードローンを利用するときは口座が必要かどうか、まずチェックすることが大切です。

銀行系カードローンは制限がどちらかと言えば少なく、専業主婦の方でも利用が可能です。ただし総量規制の対象外だからといってたくさんお金を借りられるわけではありません。

きっちりと審査が行われますし、年収額などから適正と思われる限度額を提示されますので、審査の結果しだいでは消費者金融よりも限度額が少なくなる可能性もあります(これは会社によって審査基準が違うため一概には言えません)。

銀行系カードローンのほうが消費者金融系カードローンより優れている、というわけでもありませんので、自分にとって「よさそう」と思える会社を探すことが大事ですね。

もっと手軽に使いたい、そんな方は「クレジットカード」もおすすめ

消費者金融・銀行のカードローンがあることはわかった。だけど申し込みとか大変だし、何より面倒そう…。という気持ちから、お金を借りたいとは思うけどそこまででは…という方もいるかもしれません。

特に「もしかしたらお金が必要になるかもしれないから…」という理由の場合、なかなか実行に移すまでに時間はかかりますよね。

もっと手軽に借りたい!使いたい!そんな方は「クレジットカード」の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

「カードローン」とはちょっと違う「クレジットカードのキャッシング」

「クレジットカードって買い物に使うもので、お金を借りるものじゃないんじゃない?」

確かにそんなイメージってありますよね。でも実はそんなことはなく、クレジットカードを利用しても現金を借入することは可能なんです。

それは「キャッシング」という方法。カードローンでもお金を借りるときに「キャッシング」というので少々ややこしいですが…。しかし内容はカードローンでのキャッシングと同じで、お金の借り方も同じです。

ATMやキャッシュディスペンサーから現金を引きだせますし、振込で借りることも可能と、利便性は悪くありません。

しかも、カードローンは国内専用で国外では利用できませんが、クレジットカードのキャッシングは海外で現地の通貨を引出す「海外キャッシング」が利用できます。

海外旅行に行くならクレジットカードを1枚は持っていけ、と言われる理由のひとつですね。

しかしカードローンと同じように考えているとちょっと引っかかりが出るのがクレジットカードでのキャッシングです。

キャッシングができないクレジットカードもある!

まずそれにはクレジットカードの仕組みについて解説しなければなりません。

私達がクレジットカードを買い物や旅行での支払いなどで使う時は「ショッピング枠」が利用されます。これは何かしらの対価をクレジットカードで支払う際、その支払いを先送りにする(一時的にクレジットカード会社に立て替えてもらう)枠です。

一方、カードローンのようにキャッシングをする際に利用されるのは「キャッシング枠」という別の枠です。この枠はショッピング枠と違い何かの対価として利用する枠ではなく、純粋に現金を借り入れるために使われます。

注意すべきは、このショッピング枠とキャッシング枠は独立しているという点です。

クレジットカードというモノである以上、必ずショッピング枠はいくらか限度額が設定されますが、キャッシング枠は設定されない場合、もしくはもともと設定がない場合があります。

キャッシング枠をつけられるクレジットカードでもキャッシング枠の設定を「0円」にしているとキャッシングの利用はもちろんできません。

また、カードによっては全体の枠がまず決められ、その中でショッピング枠とキャッシング枠をやりくりするパターンもあります。

例えば枠が30万円の場合、20万円キャッシングで使ったらショッピング・キャッシングどちらの利用でも限度額が10万円になる…というものです。これはカード会社及びカードによって違いますので、自身のカードはどうなっているのか一度チェックしてみることをおすすめします。

返済方法も様々。また、利用が家族にバレることも?

クレジットカードのキャッシングは返済方法も様々です。

カードローンの返済のように毎月いくらか返済していく「リボ払い」もあれば、ショッピングでも利用される「一括払い」が利用できるカードもあります。もちろんそれぞれしか利用できないカードもあり、これもカード会社によって大きく違います。

リボ払い専用のカードなんかもあり、カード会社だけでなくカードの性質でも変わってきますのでこちらもしっかりとチェックしておく必要があると言えるでしょう。

また、クレジトカードのキャッシング枠は専業主婦の方でも利用できることが多いのですが、家族カードを利用している場合は要注意。親カード(多分ご主人が親になると思われます)と請求は一括で行われますので、明細にきっちりと記載されている可能性が大!

家族に内緒でキャッシングを…と考えている方にとってはリスクが大きいかもしれません。海外旅行先でキャッシングをしたい、というような目的であれば問題ないと思います。

クレジット会社もカードローンを提供している!

クレジット会社も、実はカードローン専用カードを発行しています。一般的なクレジットカードは「ショッピング枠」が必ずあるのですが、「キャッシング枠」しかないカード…と言えばいいでしょうか。

商品名 限度額 金利 返済方法
CREST(オリコカード) 500万円 4.5%~18.0% 残高スライド又は定額
MONEY CARD
(セゾンカード)
100万円 15.0% 定額リボルビング

このようにカードやカード会社によって差がありますが、カードローンとほぼ変わらない利便性が魅力となっています。クレジットカード会社らしく配偶者専用カードなんかもあるので(セゾンのパートナーカード)、ご夫婦での利用もいいかもしれませんね。

お金を借りると言えばやはりカードローンなのですが、ほぼ借入をしない、海外でもキャッシングをしたいという方にはクレジットカードのキャッシングは非常におすすめです。

特に今持っているクレジットカードにキャッシング枠がついていれば改めて審査をする必要なくそのまま使えますので手間もかかりません(キャッシング枠が0円の設定となっており、枠を設定する場合は審査が別途必要となります)。

ただ特別金利が低い…というわけでもないのであまり印象が強くないのが残念なところですね。

専業主婦の方も利用できる!おすすめカードローンを紹介!

消費者金融系カードローン及び銀行系カードローンについて、主婦の方が利用しようと考える場合どの点が違うのか、などなんとなくでもわかっていただけたのではないでしょうか。

それでは、「実際どこのカードローンを利用するのがおすすめなのか?」という点に言及していきたいと思います。

カードローン選びで大切なのは「自分が使いやすいと思うか・魅力的だと思うか」という点ですが、使ったことがないとよくわからなかったりどの点を比較すればいいのかよくわからない、という方もいると思います。

なのでごくごく一部ではありますが、主婦の方でも安心して利用できるであろう銀行系のカードローンをいくつかご紹介したいと思います。

大手銀行カードローンといえば「みずほ銀行カードローン」

大手銀行のカードローンの代表格と言えばやはりみずほ銀行のカードローン、「みずほ銀行カードローン」でしょう。都市銀行のひとつであり、安心感も抜群です。

項目 内容
専業主婦の利用 可能(30万円まで)
銀行口座の有無 要(申し込みと同時開設可能)
限度額及び金利 1,000万円/4.0%~14.0%(コンフォートプラン)
当日融資 可能(口座開設ずみかつ一体型のみ)
24時間振込融資 不可(平日0時~15時)
その他特記事項 キャッシュカード一体型でも利用可能

専業主婦でも限度額30万円まで利用でき、かつ金利も14.0%と銀行系カードローンの中でも低めの設定です。

ただしすでにみずほ銀行の口座を保有していないとその日のうちにお金を借りる「即日融資」を受けることはできません。どちらかと言えばせっかちな方には向かず、「もしものためにカードローンを契約しておきたい」という方向けですね。

主婦ならおなじみ!「イオン銀行カードローンBIG」

主婦の方であれば毎日のようにお買い物に行く!という方も多いであろう「イオン」。そんなイオンも「イオン銀行」という銀行を持っており、かつイオン銀行は「カードローンBIG」というカードローン商品を提供しているんです。

項目 内容
専業主婦の利用 可能(50万円まで)
銀行口座の有無 要(申し込みと同時開設可能)
限度額及び金利 800万円/3.8%~13.8%
当日融資 可能(口座開設ずみかつインターネットバンキングから)
24時間振込融資 不可(営業日0時~15時)
その他特記事項 14時までの申込みなら審査結果は原則即日回答

専業主婦でも50万円と高めの限度額で利用できるのがうれしいですね。すでにイオン銀行の口座を持っている方なら、インターネットバンキングを通して申し込めが最短でその日のうちにお金を借りることも可能です!

また、イオン銀行ATMからもお金を引き出せます(もちろん他の提携ATMでも利用可能です)ので、お買い物のついでに借入、または返済なんてことも簡単に行えますよ。

ネット銀行ならではの便利さ!「楽天銀行スーパーローン」

続いてご紹介しますのは、ネット銀行で有名と言える「楽天銀行」のカードローン「楽天銀行スーパーローン」です。楽天というとクレジットカード(楽天カード)のほうが有名かもしれませんが、カードローンもなかなかなんですよ。

項目 内容
専業主婦の利用 可能(50万円まで)
銀行口座の有無 不要
限度額及び金利 800万円/1.9%~14.5%
当日融資 不可
24時間振込融資 可能(楽天銀行の口座がある場合)
その他特記事項

特筆すべきポイントは「楽天銀行の銀行口座が不要」という点と、24時間振込融資が受けられる点でしょう。

銀行カードローンは基本的に口座を保有している(または開設した)人を対象としていますが、それがないのはありがたいですよね。ただし、楽天銀行の口座を持っていないと利便性が下がってしまうデメリットもあります。

それが「24時間振込融資が受けられる」ことです。振込融資はラクテイン銀行の口座以外の金融機関の口座にも対応していますので、「地方銀行の口座しかないけど楽天銀行カードローンを利用したい」という方でも問題ありません。

しかし楽天銀行の口座を紐付けすることで24時間いつでもインターネットバンキングを通じて口座に融資をしてもらえますので、急に夜中にお金が必要だったことを思い出してもわざわざATMまでいかなくてもOKなんです。

なので特別口座を作りたくない、という方でなければ最大限利便性を高めるためにも口座を開設することをおすすめします。

他にも銀行カードローンはたくさん!自分に合ったものを

細かく紹介はできませんが、他にもたくさんの銀行系カードローンがあります。

ネット銀行 都市・普通銀行 地方銀行
ソニー銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
オリックス銀行など
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
レイク(新生銀行)など
スルガ銀行
東京スター銀行など

ネット銀行は店舗がない分金利が低めのところが多いですね。都市銀行・普通銀行は規模が大きく安心感が強いのが特徴です。また、即日融資が可能なところが多く、スピーディな借入を求める方向けといえます。

地方銀行はかなりそれぞれの金融機関によって特色が違うので一概には言えませんが、全体的に審査の回答にはちょっと時間がかかり、かつ契約は店舗窓口でしか行えないといった制限が他の銀行よりもあります。

しかしその分金利が非常に低かったり、金利優遇があるなど独自のサービスが多いのも地方銀行(信用金庫も)の特徴といえますね。

また、レイクとジャパンネット銀行は銀行系カードローンには珍しい「無利息期間(一定期間利息が0円になる)サービス」を提供しています。

主婦の方、そして専業主婦の方が利用できるカードローンは思ったよりももたくさんあるんですね。その代わり数が多すぎてどれを選んだらいいかわからない、別の悩みが出てきてしまうのですが…。

ついつい金利を見て選びたくなってしまいますが、提携ATMが自分の家や買い物先・勤務先など生活圏内にどれくらいあるか、毎月の返済額はどのくらいになって返済期間はどうなるのか…といった、実際に利用する際の利便性が高く返済計画を立てやすい商品がおすすめです。

また、別途口座を作らなければならないケースが多いため、すでに口座を保有している銀行を選ぶ、というのも手ですね。

専業主婦でもキャッシングは簡単!注意点はしっかりと学んで

専業主婦だからといってキャッシングやカードローンを諦める必要は全くありません。審査に可決する必要はあるものの、きちんと利用条件を満たしていればそう難しくなくお金を借りることができるでしょう。

…とはいえ、どこからでもお金を借りられるわけではありませんし、お金を借りてもきちんと返済できなければ金銭トラブル、金融事故の元になってしまいます。

専業主婦の方でも30万円~50万円くらいまでなら借りられる会社が多いですが、実際に借りられる金額は10万円~20万円程度だと思います。やっぱり借りすぎてしまうと返済が大変ですし、負担になってしまうからですね。

ベストなのは「必要な分だけを借りる」ことです。ついつい調子にのって借りてしまうと返済額がとんでもないことになってしまうおそれもあります。

「もしもの備え」としては十分に有用ですが、借りすぎは禁物。身の丈にあった限度額で備えるようにしましょう!

【参考ページはこちら】
専業主婦と無職は同じではない?

今やカードローンはサラリーマンのものだけではなく、主婦も利用する時代といっていいでしょう。しかし家計に負担をかけるような借金はもちろんNGです。家族間のトラブルになってしまいますからね。

また、安心できるところのカードローンを利用するのも大事なポイントです。よくわからない業者からお金を借りた場合、闇金の可能性もあります。

知らず知らずのうちに借りていたとしても金銭トラブルのおきな原因となりますから、自分がよく知っている銀行のカードローンか、大手と言われる消費者金融(CMをしているようなところですね)での利用をおすすめします。

新着記事
TOPICS